このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

心臓内科

部長 平岡勇二

昨今の生活習慣病の増加に伴い、動脈硬化を基盤とする疾患が増加しています。心臓内科では、狭心症、心筋梗塞、うっ血性心不全や心筋症、不整脈、高血圧、脂質異常の診断治療のみならず、全身の動脈硬化性疾患(閉塞性動脈硬化症)の血管内治療および2次予防を積極的に行い、生活の質(QOL)の向上とともに生命予後の改善に取り組んでいます。不整脈においては、心室頻拍に対する埋め込み型除細動(ICD)留置、重症心不全に対する両室ペーシング(CRT)、高齢社会において最も頻繁に遭遇する不整脈の1つである心房細動に対するカテーテルアブレーション治療も行っています。急性期医療については、常に血管造影が施行できる3室のカテーテル室(心臓専用は2室)を整え、基幹病院として質の高い医療が提供できるよう、24時間緊急の心臓・血管疾患に対応いたします。

 

方針

高度な循環器疾患診断能力と治療手技を常に追究するとともに、迅速確実な循環器診療をモットーに、患者さまやご家族の気持ちに沿った“優しい手法” で、インフォームド・コンセント(説明と同意)を十分に行い、一方通行ではない医療の構築を心掛けています。
院内で扱う疾患は多岐にわたります。看護師・臨床検査技師・臨床工学技士とのチーム医療の確立をめざし、また、地域の診療所の医師との病診・病病連携を最重要と考え、交流を行っています。

 

特色

  • 24時間365日、深夜帯も含め、循環器系医師が常に緊急症例に対応可能な当直体制を整えており、迅速な検査・診断・治療が必要な急性心筋梗塞の患者さまも、常に受け入れ可能です。
  • 心筋梗塞後や心臓手術後の患者さまに対して運動療法を取り入れ、心臓リハビリテーションを行っています。
  • CT(128スライス×2)心臓MRI検査も臨床で活用しています。さらに、両心室ペーシング(CRT)埋め込み型除細動器(ICD)など最新の治療も行っています。
  • 急性冠症候群(急性心筋梗塞や不安定狭心症)以外にも、心臓弁膜症、閉塞性動脈硬化症、心不全、心筋症、不整脈、高血圧、脂質異常症などの心臓疾患動脈硬化疾患の治療を、患者さまの視点に立ち、幅広く高いレベルで行っています。

 

2015(平成27)年の診療実績

1年間で入院加療された患者さまの数:910人

心臓内科実績

 

治療・検査総数:823件

  • 心臓カテーテル検査:327件
  • シャント血管形成術:101件
  • 心臓カテーテル治療:227件
  • ペースメーカー埋め込み術:50件
  • 末梢動脈形成術:24件
  • ペースメーカー交換術:12件

 

心臓内科実績

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ