創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

総合内科・禁煙外来

総合内科・禁煙外来

禁煙外来を開設しました!
専門医があなたをサポートします! 禁煙外来で卒煙!

健康面、金銭面から考えても、たばこをやめるのに良いきっかけになるのではないでしょうか?
「禁煙したい」と思ったときが、卒煙するチャンスです。当院の禁煙外来では、専門医師が、たばこをやめたいあなたを応援します。

禁煙治療を始めるにあたって

喫煙は「ニコチン依存症」という「病気」として位置づけられています。喫煙によって体内に取り込まれるニコチン・一酸化炭素には、血管を収縮させ、血管障害を起こしたり、運動能力を低下させるなどの作用があります。
また、喫煙と切っても切れない関係にあるのが肺がん。がんの死因のなかで最も多く、その肺がん発生の最大の原因が喫煙です。また、肺がんのほかにも、心筋梗塞や脳梗塞などの原因にもなります。


禁煙治療の流れ

診療報酬改定において新設された禁煙治療に対する保険給付は、外来患者を対象としています。


禁煙外来の保険適応対象となる方

  1. 禁煙したいと思っていること
  2. 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
    ※ 35歳未満はこの限りではない。
  3. 禁煙治療を受けることを文書により同意している
  4. ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)

スクリーニングテスト

該当するものを1点、なかったものを0点として、その合計を計算します。
判定方法:合計点が5点以上の場合、ニコチン依存症と診断されます。


Q1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。

Q2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

Q3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

Q4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、 ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

Q5. 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。

Q6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

Q7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

Q8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

Q9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

Q10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

禁煙治療のスケジュール

標準的な禁煙治療プログラムでは、12週間にわたり計5回の禁煙治療を行います。
初回診療から2週後、4週後、8週後、12週後の計4回、禁煙実行のための治療を行います。

※12週以降も禁煙外来の通院を希望される患者さんは、診察料・投薬料とも自由診療となり、健康保険は使用できません。

禁煙治療のスケジュール

治療開始前の問診・診断

禁煙治療のための条件の確認を行います。

初回診療・再診で行う治療内容
  1. 診察(看護師による問診も行います)
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方

禁煙方法と費用

当院では、主にバレニクリンというニコチンを含まない飲み薬を使用します。

費用(バレニクリンの場合)

費用 バレニクリン
費用 自己負担額
(3割負担として)
診療所 1)初診料+再診料
2)ニコチン依存症管理料
3)院外処方箋料
1)7,780円
2)9,620円
3)2,720円
6,040円
保険薬局 1)調剤料
2)禁煙補助薬
1)6,370円
2)40,040円
13,920円
合計 66,530円 19,960円

主な禁煙の薬

保険診療では、バレニクリンとニコチンパッチの2つがあり、バレニクリンを使うと約2.3倍高まります。薬局では保険適用外でニコチンガム(ニコレット®)もあります。

バレニクリン(チャンピックス®)

健康保険が使えます。
ニコチンを含まない飲み薬で、禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。
禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。

ニコチンパッチ(ニコチネル®TTS)

保険が適用されます。皮膚に貼って使用します。

当院の特色

当院では、禁煙外来の基本治療に加えて、公認心理師のカウンセリングを受けることができます。
禁煙を始めると、一時的に不安が強くなったり、気分が落ち込みやすくなったりすることがあります。
カウンセリングでは、じっくりお話を伺ったり、具体的な対処方法を助言するなどして、禁煙の『難所』を乗り越えられるよう、心理師がお手伝いします。

公認心理師から一言

「たばこを吸う」という行動は、知らず知らずのうちに“習慣化”してしまった行動です。
たばこに関連する日々のちょっとした行動や習慣を見直し、具体的な行動を変えることができると、禁煙を続けることができます。
禁煙は、「たばこを吸いたい気持ちをひたすら我慢する」苦行ではなく、たばこの代わりに新しい行動や活動を獲得し、前向きで健康的なライフスタイルを手に入れるためのチャレンジです。

医師、看護師、薬剤師と協力しながら、“決意と勇気をもって” 禁煙外来を受診されたあなたを応援します!

お医者さんと禁煙すれば楽に禁煙することができます

禁煙外来

標準的な禁煙治療プログラムは、12周間に渡り、計5回の禁煙治療を行います。
まず初回診察で患者さんと話し合って、禁煙開始日を決定します。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるなど、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。


〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前11時~午後8時※新型コロナウイルス感染症対策として、面会を原則禁止としています。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル