創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

腫瘍内科

免疫チェックポイント阻害薬の登場に代表されるように、近年化学療法の進歩は目覚ましく、進行がんと診断されても長期生存が可能な時代となりました。一方で、治療の長期化に伴い、化学療法の副作用対策やがんに伴う苦痛の緩和など、患者さんの生活の質(QOL:Quality of Life)に重点を置いた治療計画が必要不可欠になっています。
当科では、消化器がんを中心に、必要に応じて外科放射線治療科とも連携しながら、安全かつ、QOLを重視した化学療法を実践しております。消化器がん以外にも、原発不明がんや肉腫などの希少がんの診療にも力を入れており、大学病院など高次医療機関と連携し、患者さんのニーズに合った、適正な治療を提供できるよう努めておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

抗がん剤治療について

抗がん剤治療と聞くと、吐き気や脱毛など副作用がつらい治療というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、しっかりと管理すれば、QOL(生活の質)を保つことができます。

抗がん剤治療の2つの可能性

1. 完治の可能性を高める

がんが比較的早い段階で見つかった場合、完治する可能性を高めるために手術や放射線と組み合わせて抗がん剤治療が行われる場合があります。全身の目に見えない微小な転移をコントロールして完治の可能性を高める目的で行われる手術前・後の抗がん剤治療や、がんに対する放射線の感受性を高める目的で行われる化学放射線療法などがこれに当たります。外科医や放射線治療医との密な連携が必要となります。

2. がんの進行を遅らせる

がんが転移や再発によって全身に広がり、手術や放射線のような局所治療だけでコントロールできなくなった場合の抗がん剤治療です。この段階まで進行したがんは、完治は難しくなります。
しかし、消化器がんの多くは抗がん剤治療によって生存期間の延長が期待できますし、抗がん剤治療によりがんが縮小すれば、完治を目指して切除することができる場合もありますので、諦めてはいけません。

効果と副作用

一言で抗がん剤と言っても、数多くの種類があります。がん種による効果の差はもちろんのこと、同じがん種であっても遺伝子のタイプによって効果に差が出るものもあります。また同じ成分の抗がん剤の中にも飲み薬や注射薬など薬の形に違いもあり、それにより副作用も少しずつ異なってきます。
当科では、これら多くの抗がん剤の中から患者さんの希望や人生の目標、ライフスタイルに合った治療法を選択し提案しています。患者さんが特に気にされる副作用については、治療を始める前にどんな症状が、いつ頃起こり得るのか、そしてどのように対処するのかを説明し、少しでも不安や恐怖心を取り除けるように努めています。

多職種で患者さんをサポート

洛和会音羽病院の消化器がん診療は、多職種が連携して行っています。がんの痛みや心をケアする緩和ケアチーム、療養生活のことや退院後の社会復帰などに関して相談できる、がん相談センターを設置しておりますので安心して治療に専念していただけます。

スタッフ紹介

名前 島本 福太郎(しまもと ふくたろう) 島本 福太郎
役職 医長
[消化器内科 兼務]
専門分野 がん薬物療法、消化器がん
専門医認定・資格など 日本内科学会認定内科医/総合内科専門医/指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医/指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
日本医師会認定産業医

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル