お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

腫瘍内科

佐々木 康綱部長
佐々木 康綱

これまでわが国では、がんは外科系医師が管理する病気であり、化学療法に代表される薬物療法も未だに外科系医師によって実施している病院が大多数を占めています。しかし、近年がん薬物療法の進歩はめざましく、これまで薬物療法の主体を担ってきた化学療法、乳がんおよび前立腺がんに用いられる内分泌療法(ホルモン療法)に加えて、分子標的療法および免疫療法が登場してきました。このようにがん薬物療法が多彩になった結果、多くの固形がんに対して、治療成績の劇的な改善が認められます。しかしこのように、ますます複雑になるとともに、日々進歩している薬物療法に対して、手術を行いながら薬物療法を実施する従来型のがん医療は、限界を来しています。

腫瘍内科という診療科は、わが国では比較的新しい診療科ですが、米国をはじめとして欧米各国や、アジア圏の諸国においても、既にがん薬物療法は、すべて腫瘍内科医が担当しています。腫瘍内科は、例えば、肺がんを担当する呼吸器内科・外科、消化器がんを担当する消化器内科・外科などの縦型の診療体制ではなく胃がん、肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん、婦人科腫瘍、泌尿器科腫瘍、骨・軟部肉腫、原発不明がんや各種稀少がんなどすべての固形がんに対して横断的に対応する診療科です。
特に当院のような地域に根ざした中規模病院では、このような診療体制は、強みを発揮します。さらに最近では、がんの遺伝子解析を行うことで、原発巣に関わらず臓器横断的に有効性が期待される薬剤を選択することも一部の腫瘍では可能になっています。

腫瘍内科のもう一つの大きな使命は、外科療法、放射線治療と共同で治療戦略を考案する集学的治療の司令塔の役割を果たします。さらにがんに伴う痛みなどの苦痛の改善や患者さんの精神的な悩みに対してもそれぞれ、緩和ケア内科神経精神科と協力して対応します。


腫瘍内科スタッフ

外来について

腫瘍内科

*…女性医師

 
午前 1診 佐々木康綱 佐々木康綱 佐々木康綱 佐々木康綱 佐藤悦子*
2診   坂口才
(完全予約制)
    坂口才
(完全予約制)
午後 1診 佐々木康綱 佐々木康綱   佐々木康綱 佐藤悦子*
2診   坂口才
(完全予約制)
    坂口才
(完全予約制)

当院では予約制を導入しており、フリーダイヤルで予約できます。

予約センター

0120(489)300

月~金曜日:午前8時30分~午後5時
※土・日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)を除く

がん薬物療法の実際

がん薬物療法の目的は、がん患者さんの寿命を延長することと、がんに伴う症状を軽減することにあります。具体的には、乳がんに代表される手術前に薬物療法を行った後に手術をする術前薬物療法、手術後の再発率を低下させることを目的とした、術後補助薬物療法、さらに最初から転移が認められたり、手術後再発したりした患者さんのように、局所治療が困難な患者さんに対して行う薬物療法に大別されます。
このような状況下で、先に述べましたように、化学療法、内分泌療法、分子標的療法、免疫療法をそれぞれ単独もしくは組み合わせることで、最も治療成績が優れた治療法を実施します。一部の食道がん、肺がん、頭頚部がんに対しては放射線治療と組み合わせた放射線化学療法を行うこともあります。

当院における腫瘍内科の目指すもの

米国には、“Community Oncology”という言葉があります。これは、地元の一般病院でがん治療を受けることを意味します。現実に米国では、50%以上のがん患者さんは、地域の医療機関で治療されています。がんの治療は、長期にわたることが多く、医療従事者との長いお付き合いが必要になります。

幸い当院では、CT、MRI、PET-CTといった先端の診断機器を備え、手術はもとより放射線治療装置外来治療センターおよび緩和ケア病棟がん相談センターも有しています。また、がん薬物療法専門医、がん看護専門看護師・化学療法認定看護師、がん専門薬剤師など多職種にわたり専門性の高いスタッフが治療を担当し、院内で高度ながん医療が完結できる状況にあります。特に腫瘍内科では、大学病院や国立がん研究センターおよび地域がん診療連携拠点病院と同等のがん薬物療法の実践が地元の病院で可能です。

治験や、網羅的ゲノム医療等先進医療を希望される患者さんには、高度医療機関への紹介をいたします。多くの大学病院やがん診療連携拠点病院では、終末期になると転院させられることもまれではありません。不幸にして治療が奏効しなかった患者さんに対しても患者さんが希望されれば、最後まで当院で対応いたします。

当院では、がん医療に関しての疑問点にはがん専門相談員が、治療法についてのセカンドオピニオンには腫瘍内科医が対応しています。

2019年の診療実績

  • 外来患者数:559件
  • 外来化学療法件数:1,321件

関連情報

らくわ健康教室Web版 第5回「第2回 がん医療セミナー ~あなたが”がん”と告げられたら?~」(2021.1.12)

らくわ健康教室Web版 第4回「第1回 がん医療セミナー ~がんの原因と遺伝子異常~」(2020.12.7)

洛和会音羽病院

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



公益財団法人日本医療機能評価 ハイ・サービス日本300選 トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル