お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

糖尿病・内分泌・生活習慣病センター 糖尿病内科・内分泌内科

土居 健太郎センター長
土居 健太郎

当センターでは、糖尿病や内分泌疾患、生活習慣病を中心に、地域の皆さまの療養と健康増進に携わっています。心筋梗塞や脳卒中、骨折を未病の段階で少しでも食い止めるため、糖尿病や骨粗鬆症をはじめとして当科で扱う疾患に対して、科学的根拠による最適な治療の実践に努め、そのうえで「人間らしく生きる」という医療の原点にたちもどって全人的医療を実現するよう努力しています。また、医療スタッフが親身になってチーム医療で取り組んでおり、きめ細かな診療を行っていますので、糖尿病や内分泌疾患でお悩みなことがあれば、ぜひ一度ご相談ください。


外来担当医

糖尿病内分泌内科

*…女性医師

 
午前 1診 土居健太郎
[他院紹介併診]
村上冴子* 土居健太郎
(完全予約制)
[他院紹介併診]
井田みどり* 土居健太郎
[他院紹介併診]
2診 三浦晶子*
[甲状腺・
内分泌外来]
吉良友里*
(1,3,5週)
桑原智子*
(2,4週)
三浦晶子*
[骨粗鬆症・糖尿病外来]
(完全予約制)
吉良友里* 三浦晶子*
[甲状腺・
内分泌外来]
3診 井田みどり* 鈴木和代*   南野寛人 吉良友里*
午後 1診 土居健太郎
(初診のみ)
(完全予約制)
  三浦晶子*
[内分泌外来]
(初診のみ)
(完全予約制)

吉良友里*
(初診のみ)
(完全予約制)
土居健太郎
(完全予約制)

対応疾患・診療内容

現在、糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を中心に地域のかかりつけ医と連携して診療をしています。生活習慣病の治療において、食事療法、運動療法は重要であり、当センターでは、歯科医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、歯科衛生士らとともにチーム医療を展開しており、患者さんをさまざまな角度からサポートしています。
また、甲状腺、副腎、下垂体、副甲状腺、膵臓などのホルモン産生臓器に異常を来す内分泌疾患や、ホルモンバランスが大きく関与する骨粗しょう症の診療にも、これまで以上に力を入れ、専門外来を設けています。
バセドウ病については2015(平成27)年6月より当院でアイソトープ治療を行える体制を整えました。これにより、バセドウ病の治療法の3つの選択肢(薬物治療・手術治療・アイソトープ治療)が当院で完結できるようになりました。他の内分泌疾患についても、耳鼻咽喉科や泌尿器科と連携し、治療が当院でスムーズに完結できる体制を整えています。

2017(平成29)年の診療実績

HbA1c(NGSP)割合

HbA1c(NGSP)割合

1年間で入院加療された患者さんの内訳

1年間で入院加療された患者さんの内訳

入院を要した内分泌疾患

  • 原発性アルドステロン症
  • 下垂体機能異常(先端巨大症、下垂体機能低下症など)
  • バセドウ病(甲状腺眼症を含む)
  • 褐色細胞腫
  • 副腎不全
  • クッシング症候群
  • インスリノーマの疑い

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル