このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

バセドウ病のアイソトープ治療

 

甲状腺機能亢進症の代表的疾患であるバセドウ病は、甲状腺を異常に刺激する抗体が体の中で産出されることで生じる「自己免疫疾患」です。
当院では、放射性ヨードの入ったカプセルを服用するアイソトープ治療を始めました。

メリットも多く有用な治療法

当院は、甲状腺疾患の専門施設として活動を広げておりますが、2015(平成27)年度より、バセドウ病に対するアイソトープ治療(131I内用療法)についても実施できるようになりました。


日本ではバセドウ病の治療は薬物治療が中心ですが、米国では80から90%の患者さまがアイソトープ治療を受けています。

外来で治療ができる、手術痕が残らない、一旦治癒すれば再発が稀であるなどメリットも多く、有用な治療法ですが、実施可能施設が非常に限られています。

京都市山科区や滋賀県にはバセドウ病に対するアイソトープ治療の実施施設がありませんでしたが、今後は治療のために遠方まで出掛けていただく必要がなくなり、患者さまのご負担も減るのではないかと考えております。


外来では、治療内容をご説明し、甲状腺眼症や心機能などのリスク評価を行ったうえで、治療のスケジュールを組ませていただきます。治療後約半年ほどで効果が安定します。

 

アイソトープ治療の対象になる方

  • 薬物治療開始後に副作用が生じ、薬剤が継続できない方
  • 長年薬物治療を行っているものの、症状が治まる見込みのない方
  • 甲状腺のはれが見た目にも明らかで、甲状腺腫を縮小させたい方
  • 外科的治療後にバセドウ病が再発してしまった方 など

 

バセドウ病 3つの治療方法の比較

治療法 長所 短所
薬物療法
  • 薬を飲むだけで手軽
  • 甲状腺機能低下症になっても戻る
  • 副作用があり得る
  • 治療が長期にわたる
  • 再発が多い
アイソトープ療法
  • 薬物療法に比べ、治療期間が短い
  • 副作用・合併症が少ない
  • 再発が少ない
  • 外来治療が可能
  • くり返し治療ができる
  • 治療可能な施設が限られている
  • 基本的に甲状腺機能低下症になる
手術
  • 治療効果が早く確実
  • 再発が少ない
  • 手術痕が残る
  • 専門外科医が限られる
  • 基本的に甲状腺機能低下症になる

 

治療の流れ

治療の流れ

初診時の主な内容

アイソトープ治療に関する説明

ヨード制限に関する説明

禁忌となる症例の除外

  • 眼症の評価
  • 心機能の評価

甲状腺エコー検査

  • 甲状腺推定重量計測
  • 結節の有無の確認

血液検査

 

受診のご案内

甲状腺・内分泌外来を受診ください。

 

⇒ 外来担当医一覧

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ