2016(平成28)年の活動日記

平成28年度第2回 3学区地域ケア会議を開催しました

〔2016/11〕

平成28年度第2回地域ケア会議を大塚・音羽・音羽川学区で開催しました。
今回の地域ケア会議開催に先がけ、議題を地域役員の方々に相談をしたところ「認知症初期症状の気づきとその対応方法について、専門家による研修をしてほしい」という意見をいただきました。
貴重なご意見を包括内で協議・検討し、洛和会音羽リハビリテーション病院 院長 木村透医師を講師に招いての認知症研修会を、3学区共通開催にて企画いたしました。
当日、木村先生から認知症についての専門的な研修をしていただいた後にグループワークを実施。
先生への質問応答と共に、地域関係者・介護保険事業所・公的機関などの出席者間で活発な意見が交換されました。3学区とも日頃の地域活動に役に立つとの意見もいただき、認知症の方への理解と地域関係者とのネットワーク作りに、大変有意義な会議となりました。


大塚学区


音羽学区


音羽川学区

地域ケア会議(日常生活圏域レベル)を開催しました

〔2016/7/2/土〕

7月2日(土)に、高齢サポート・音羽圏域 大塚・音羽・音羽川学区合同の地域ケア会議(日常生活圏域会議)を、アスニー山科にて開催しました。
今回の圏域会議では、すでに施行されており、関係各機関で非常に高い関心がもたれている新しい介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の制度説明と、制度がめざす地域像を主題とし、京都市地域包括支援センター・在宅介護支援センター連絡協議会 源野勝敏会長にご講話いただきました。78人の方々にご参加いただき、盛況な会議となりました。
お忙しいなか、ご出席くださった方々にはお礼を申し上げます。


平成28年度第1回地域ケア会議を開催しました

〔2016/5〕

平成28年度第1回地域ケア会議を、大塚・音羽・音羽川学区でそれぞれ開催しました。
今回は、本年3月1日に京都市で施行された「認知症高齢者の行方不明時早期発見に関する連携」制度をテーマとしました。ご出席くださった地域関係者の皆さまや警察・消防署・区役所のご担当者さま、介護保険事業所に向けて、制度要領の説明を行うと共に、実際の運用についての質疑応答と意見交換の場をもちました。3学区全てで活発な意見が寄せられ、認知症の方の見守り体制を整えるための有意義な会議を開催することができました。

大塚学区
音羽学区 音羽川学区

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑