健康情報

速報枠

冬の感染症と予防について

冬は風邪やインフルエンザ、ノロウイルスによる胃腸炎など感染症が流行しやすくなります。病気や予防と対策法について知り、寒い冬を乗りきって元気に過ごしましょう。

インフルエンザ
症状:急な発熱(概ね38度以上)咳やのどの痛み、鼻水、全身のだるさ、関節痛。
治療:抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビルなど)

ノロウイルス
ノロウイルスとは吐き気、嘔吐、下痢を主症状とする急性胃腸炎の原因ウイルスの一つ。特に10月~4月ごろまでの流行が多い。
接触感染しやすいため、手洗いが重要となる。

〔2018年12月〕

速報枠

速報枠

熱中症情報

熱中症対策 熱中症は予防が大切です!

熱中症とは?
暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと、皮膚の血管が広がります。
すると全身を流れる血液の量が減り、血圧が下がり、脳への血流が減少します。
こうした血流や血圧の変化が生じることで、めまいや全身のだるさ、吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が見受けられます。
意識がはっきりしない場合や、気を失い倒れるケースもあります。

〔2017年8月〕

速報枠