このページの先頭

洛和会音羽リハビリテーション病院

交通アクセス

入院リハビリテーション

医療技術部門(コメディカル)ページへ戻る

 

急性期を脱した患者さまを対象に、生活の再構築に向けて、身体機能の回復と生活機能の維持・向上を目的とした、多職種協働によるチームリハビリテーションを提供します。

<回復期リハビリテーション病棟>
回復期とは、病気やけがの状態が安定し、機能回復や能力改善を積極的に行える時期です。
当院では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による集中的な訓練と、看護師をはじめ、多職種が関わるきめ細やかなリハビリテーションを行い、在宅復帰・社会復帰を支援します。
そのために、回復期リハビリテーション病棟では、日曜・祝日も含めた365日体制で1日平均2時間以上のリハビリテーションを提供します。
<一般病棟・医療療養病棟>
患者さまの症状に合わせて、在宅復帰後も生活機能の維持・向上を図れるようバックアップします。
動作方法の指導や環境設定など、疾患・症状別にアプローチし、最適なリハビリ計画を作成、提供します。状態に応じて、生活リハビリへの移行も、病棟スタッフと連携し進めています。

 

病気・けが発症から回復期・生活期までの時間と身体機能の関係図

その人らしい生活が送れるようにお手伝いします

入院リハビリテーションの目的
  1. 基本能力向上(運動機能・精神機能など)
  2. 応用能力向上(入浴や家事など生活で行われる活動など)
  3. 社会生活適応能力向上(地域活動への参加、就学就労の準備など)
  4. 環境調整(人的環境・物理的環境)
  5. 社会資源や諸制度の活用
  6. コミュニケーション、食べることの支援

 

1~6を行い、その人らしい生活の獲得をめざします。

取り組み

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32-1
075(581)6221(代)

詳しくはこちら

ページトップ