洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

The Power of Music ~いまこそ、音楽の力を~ スペシャルサポーター

洛和会音羽病院、洛和会音羽リハビリテーション病院が
「The Power of Music ~いまこそ、音楽の力を~」のスペシャル・サポーターを務めます。


洛和会ヘルスケアシステム
理事長 矢野 一郎

現在、人類は新型コロナウイルス感染症と闘い続けています。悲しいことに多くの感染者が出ましたが、過去のパンデミックと異なり、人類は短期間でワクチンを開発しウイルスと闘う武器を作り出しました。21世紀の医学の英知です。
私たちは感染拡大を防ぐためのさまざまな制限の中で、新しい仕組みや日常を生み出しました。
今こそ人類の力に自信を持って元来の明るさを取り戻し、未来に向けて希望の賛歌を歌い、共有できたらと思います。
「The Power of Music」は古都・京都から人類を力づけるメッセージを発信するコンサート・シリーズです。洛和会ヘルスケアシステムは早くから音楽療法を取り入れ、心身を元気にする音楽の力を医療や介護・保育の現場で生かしてまいりました。そして音楽の偉大さを知る仲間として、この公演に協賛させていただきました。

このコンサートが世界の人々に未来への希望と自信を発信し、京都の街を活気づけてくれることを願っています。

「The Power of Music ~ いまこそ、音楽の力を~」とは?

2020年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、私たちの生活は大きく変動しました。今もなお、先行きが見通せず不安な日々が続いていますが、文化芸術の灯火を絶やすことなく未来につなげていく必要があります。
そこで京都コンサートホールでは「The Power of Music ~今こそ、音楽の力を~」というコンサート・シリーズを企画。4つのコンサートを皆さんにお届けします。今こそ音楽の力を信じて、力強い一歩を踏み出しませんか。

Sing for Peaceロゴ

公式チラシ:The Power of Music ~いまこそ、音楽の力を~ [PDF(3.6MB)]

開催概要

日程
  • 2021年10月2日(土)
    「ラヴェルが幻視したワルツ」
  • 2021年10月16日(土)
    「京都コンサートホール presents 兵士の物語」
  • 2021年11月13日(土)
    「オピッツ・プレイズ・ブラームス ~with クァルテット澪標~」
  • 2021年12月4日(土)
    「京都コンサートホール クリスマス・コンサート」
    公式チラシ:クリスマス・コンサート [PDF(3.7MB)]
場所
  • 2021年10月2日(土)
    2021年10月16日(土)
    2021年11月13日(土)

    アンサンブルホールムラタ
  • 2021年12月4日(土)
    京都コンサートホール 大ホール
スペシャルサポーター
洛和会音羽病院洛和会音羽リハビリテーション病院

12月4日(土)プレコンサートに「洛和会京都音楽療法研究センター」が出演!

洛和会京都音楽療法研究センター

洛和会ヘルスケアシステムの音楽療法専門の部署として、6人の音楽療法士が在籍。洛和会音羽病院・洛和会音羽リハビリテーション病院を中心に、入院・外来患者へ音楽を用いた心身のサポートとして実践している。その他、院内コンサートの企画・演奏、地域社会における音楽療法の啓蒙ならびに教育にも注力し、講演会やワークショップ、外部施設への音楽療法士派遣、地域子育て支援などにも積極的に取り組んでいる。

代表者コメント

このたび「The Power of Music ~いまこそ、音楽の力を~」のプレコンサートで演奏する機会をいただき、とても待ち遠しく思っております。
洛和会ヘルスケアシステムでは医療・介護現場において「音楽が働きかけるちから」を利用した音楽療法を取り入れ、患者さんへの全人的なケアを行っております。
音楽の長い歴史をたどってみると、現在のように世の中が大変な時期が何度もありましたが、新しい音楽は生まれ続け、受け継がれてきました。どんなことが起きても音楽は人々に必要とされたからだと思います。
今こんな時だからこそ改めて音楽と向き合ってみるのはいかがでしょうか?

洛和会京都音楽療法研究センター 次長 和田義孝

洛和会京都音楽療法研究センター

洛和会京都音楽療法研究センター ホームページ

協賛病院