介護の研修について

質の高い介護を支える、優れた人材を独自に育成しています

認知症を考える会

認知症ケアの手法について、国内外の先駆者を招いて直接指導を仰ぎ、研さんに努めています。

バリデーションセミナー

バリデーションセミナー介護者自身も豊かになる認知症ケアの新手法「超コミュニケーション法」として注目されるバリデーションの創始者ナオミ・フェイルさん(アメリカ)によるセミナーを実施しています。


全員研修 

全職種の職員が一堂に会し、各部署の日々の工夫や研究結果を月に一度報告し合うことで、介護の質を高めています。

洛和会ヘルスケア学会

年3回、介護部門はもとより、医療部門まで全部署が日頃の研究成果を発表し、職員全体の意欲と能力の向上を図っています。

介護福祉士/ケアマネジャー受験研修

介護職としてホームヘルパーから、さらにステップアップをめざす職員のために、受験対策研修を実施しています。

海外研修(スウェーデン)

洛和会ヘルスケアシステムの介護施設で働く職員の中から、毎年、数人が介護・福祉の先進国として知られるスウェーデンの施設で研修を実施。介護の手法とともに、人間の尊厳を大切する心を学んでいます。

外部研修報告(年2回)

国内外の講演会、研修などに参加した職員が、自らが学んだ内容や体験をほかの職員に報告する場を年2回設け、職員の意識向上に役立てています。

 

 

前のページに戻る

Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014