京都感染症フェローシップ・プログラム

感染症専門医となるためのトレーニングを、京都大学医学部附属病院 感染制御部 洛和会音羽病院 感染症科のそれぞれの病院で1~2年間の、合計3~4年間で行います。特性の異なる京都市内の2病院で行うことにより、幅広い領域の経験を積むことができます。

 

トレーニングの場となる2病院

1.京都大学医学部附属病院 感染制御部(日本感染症学会認定研修施設)

大学病院としてのリソースを活用し、院内感染症および臨床微生物学に重点をおいたトレーニングを積むことができる

研修内容は、細菌検査室での臨床微生物学的知識の取得、コンサルテーション業務、院内感染制御活動など。診療科からのコンサルテーションを中心に、病歴・身体所見・検査所見をリスクの評価に基づいて見直し、どのようにアセスメントし、どのように初期治療を行い、その後の経過により、どのように修正していくかを、一例一例詳細に検討する過程で、一般感染症医とコンサルタントとしての技能習得を目標とする。
当院では造血幹細胞移植、固形臓器移植症例が豊富であり、侵襲的ないし免疫抑制的治療を行っている患者が極めて多い。
また、HIV拠点病院でもあり、常時HIV感染患者の外来診療を行っている。そのため、日和見感染症の可能性を常に念頭におきつつ、それに振り回されない診療技能も身につけられるよう、実践的な指導を行っていく。またICTとしての活動にも参画し、感染制御医としてリーダーシップをとれるよう、必要な知識と経験を習得することができる。

 

〒606-0967 京都市左京区聖護院川原町54
TEL:075(751)4967   FAX:075(751)3233
プログラム責任者: 高倉 俊二

 

2.洛和会音羽病院 感染症科(日本感染症学会連携研修施設)

一般的市中感染症および、総合内科のトレーニングを積むことができる

感染症科は全身に及ぶ疾患を扱うため、内科全般にわたる知識・経験の基盤が重要となる。病歴、身体所見、検査所見をどのようにアセスメントし、マネージメントをどうするか、疑問をどのように解決するか、コンサルタントとしてどのように期待に応えるか、思考過程およびコミュニケーション能力を重視し、感染症臨床医として独り立ちできるようにマンツーマンで指導する。研修内容は、入院患者担当、コンサルテーション業務、総合内科・感染症科外来(週1~2コマ)、ER内科当直など。
当科では、特に整形外科関連の感染症は症例が豊富であり、そのほか、心臓外科、形成外科、皮膚科関連などの感染症も扱う。また、トラベルクリニック、感染制御分野の経験も可能。総合内科ローテーション、カンファレンス参加により、内科の基本的なものの考え方を習得する。HIV、免疫不全状態の感染症の症例は相対的に少ない。

 

〒607-8062 京都市山科区音羽珍事町2 
TEL:075(593)4111   FAX:075(581)6935
プログラム責任者: 神谷 亨


 

応募について

プログラム責任者 神谷 亨(洛和会音羽病院)/高倉 俊二(京都大学医学部附属病院)
対象者 日本内科学会認定医取得済みの方

※日本感染症学会専門医試験の受験資格のなかに「日本感染症学会の会員歴が5年以上」という条件がありますので、できるだけ早く入会することをお勧めします。

応募期間 2016(平成28)年11月中旬まで
募集人数

2人

面接時期 平成28年11月ごろ
研修期間 3~4年間(各病院を1~2年間ずつローテート)
修了時の到達目標
  • 感染症臨床医として、幅広い領域のマネージメント、コンサルテーションに対応できる臨床力を習得し、医療機関の感染症部門での責任者として従事できる
  • 日本感染症学会感染症専門医試験を受験し、感染症専門医となる
選考方法 1次選考:書類
2次選考:面接 (面接日、場所は応募者に直接ご連絡します)
待遇 各病院の規定により定める

事務局

応募される方は、下記のフォームより事務局へご連絡いただいた後、1次選考のための書類を事務局に提出してください。

お問い合わせフォーム

提出書類

  • 履歴書
  • 推薦状
  • 論文【テーマ:「私の目指す感染症科医師像」(800字程度)】
    封書の表に「京都感染症フェローシップ書類」と明記し、下記までご送付ください。

    〒607-8062 京都市山科区音羽珍事町2 
    洛和会音羽病院 感染症科
    神谷 亨 宛

 

前のページに戻る

Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014