洛和会洛和会音羽病院 総合内科
シニアレジデント(後期研修医)募集 ~先輩医師からのメッセージ~

当科で研修した後期研修医の言葉を紹介します。あとに続いてこられる方を募集しています。
※タイトルをクリックするとメッセージが表示されます。

※当科の呼称は、2016(平成28)年4月に「総合診療科」から「総合内科」に変わりました。

 

「医師としての基礎」形成のトレーニング

本橋 伊織(平成21年 香川大学医学部卒、平成23年より当科にて研修)
(平成27年記)

私は初期研修を出身大学で修了し、「何らかの専門内科」に進む前に内科全般を一通り勉強したいと考えて、洛和会音羽病院 総合診療科の門を叩きました。
右も左も分からない状態で、不安に押しつぶされそうになりながら始まった後期研修医生活でしたが、先輩のシニアレジデントが「僕も初めはそうだったよ」と言って、いろいろと指導してくださったのを覚えています。
洛和会音羽病院の総合診療科はチーム制をとっています。数カ月ごとにメンバーが入れ替わり、いろいろな先生のさまざまな考え方に触れることができ、非常に教育的でした。

 

学年が上がると、1人で責任をもって決断しなければならないことが次第に増え、再び悩める日々を送ることになりました。しかし、総合診療科 部長の神谷先生と医学教育センター 所長の酒見先生の教育回診がそれぞれ週1回ずつあり、フランクな雰囲気で相談することができるので、非常に恵まれた環境で研さんを積むことができました。また、「総合医局」であることも強みであり、他科の先生方にも相談しやすい環境が整っています。

 

洛和会音羽病院の総合診療科の最大の特徴は、他科、特に救急科と非常に良好な関係を築いていることだと思います。個人的に「総合内科医は救急の現場で診断学を実践するべきだ」という考えをもっています。一次~三次の救命救急センターである洛和会音羽病院の「救命救急センター・京都ER」は、いろいろな疾患がひっきりなしに来る格好の勉強の場です。
大病院にありがちな、救急と他科との軋轢(あつれき)などは洛和会音羽病院にはなく、定期的に総合診療科から救急科に後期研修医がローテートしており、お互いに高め合いながら研修を行っています。

 

このような環境で、後期研修の3年間とスタッフとしての1年間を過ごし、一般内科を自分の専門としてもっと勉強したい、もっと研さんを積みたいと思うようになりました。
現在は、もう少し小規模な病院に場所を移して、総合診療のあり方を模索し続けていますが、洛和会音羽病院での研修や人との出会いは、その後の僕の医者人生で間違いなく宝になっています。

 

研修医教育で有名な病院なので、二の足を踏まれる方もおられると思いますが、まずは見学だけでも行ってみてください。その価値は必ずあると思います。きっと暖かく迎えてくれると思いますので、お勧めさせていただきます。

ともに育つ、京都式屋根瓦

来住 知美(平成22年 島根大学医学部卒、平成22年より当科にて研修)
(平成27年記)

私は、洛和会音羽病院で初期研修を2年間行った後、総合診療科の後期研修を1年間、続いて、大津ファミリークリニックと合同で行っている家庭医療後期研修プログラムの1期生として3年間の研修を行いました。(洛和会音羽病院で足掛け6年間勤務)

 

総合診療科での1日1日はとても濃密です。元気な初期研修医、教え好きで向上心あふれる若手医師、経験豊富で溢れんばかりの知識をもつ指導医と共に診療する日々は、新鮮な発見に満ちていました。そして地元、山科の患者さま方一人ひとりから、本当にたくさんのことを教わりました。

 

また、総合診療科には多様性があります。全国から、さまざまな将来像を描く若きジェネラリストが集まっています。私のようなプライマリ・ケア医だけでなく、集中治療、感染症、膠原病を志す医師、はたまた専門医研修を経た後にホスピタリストになった医師など…。年代も性別も得意分野もさまざまです。

 

あなたの未来の1ページを、京都で開いてみませんか? 心から洛和会音羽病院の総合診療科研修をお勧めします!

高齢社会での医療における総合診療科のあり方

藤本 冴子(平成22年 関西医科大学医学部卒、平成24年より当科にて研修)
(平成27年記)

洛和会音羽病院の総合診療科の魅力は、内科の基本的な考え方とマネージメントを学び、希望する専門診療科をローテートするなかで、総合的に内科の力を向上させることができることだと思います。
多くの疾患を併せもつ高齢患者が増えるなか、総合的に「患者を診る」ことができる医師が必要になっていることを初期研修医時代に痛感しました。

 

実際「初診のときに、どの科に行けばいいか分からない」「専門医に相談しても、その専門領域の質問はできるが、専門から少し外れた悩みは相談しにくい」という患者さまの声をよく耳にします。
専門家が大勢いる病院であっても、地域医療に携わる病院であっても「総合的に患者を診る力」が医師にとって必要とされていると感じます。しかし、総合診療医の数は未だ少なく、優れた総合診療医から指導を受けことができる病院は多くありません。

 

洛和会音羽病院には、幸い、総合診療科があり、困ったときに気軽に相談できる上級医・指導医がいます。そして、感染症診療に強い医師も多く「患者を診る力」が育つ環境があります。
病棟や外来、救急科などで診療経験を積むことにより、緊急性の高い初期治療から慢性期疾患まで学ぶことができます。実際の症例を通して、「疾患を診る力」だけではなく「患者を診る力」につながる研修ができると思います。

臨床的思考力を鍛えることのできる環境

日吉 哲也(平成22年 熊本大学医学部卒、平成24年より当科にて研修)
(平成27年記)

私は大学卒業後、大学病院のように規模の大きい市中病院で初期研修を行いました。洛和会音羽病院の総合診療科で勉強しようと思ったのは、「common disease」をきちんと診察・診断できるようになりたいと考え、そして、診断のついていない症例を自分の頭で考えて診断をつけられるようになりたいと考えたからです。
初期研修医のときは、上級医がすでに診断を付けた症例や、治療方針がすでに定まっている症例を担当することが多く、自分の頭で考えることがあまりできていませんでした。

 

洛和会音羽病院では、外来診療(3年目後半から開始)や救急内科当直(週1回程度)など、実際に頭と体を動かしながらトレーニングできる場が豊富にあります。単に症例数を多く経験するだけなら、ほかの病院でも良いのかもしれません。しかし、洛和会音羽病院では、毎朝のレクチャーで、内科診断学・治療学の総論から各論まで学び、標準から「advanced」なところまでの内科の知識をしっかり押さえることができます。
また、実際の症例の疑問点は、総合診療科 部長の神谷先生や医学教育センター 所長の酒見先生の病棟回診で相談したり、病院全体として上級医に相談しやすい環境がありますので、一人で悩まずに問題点を解決していくことができます。症例数が豊富にあるだけでなく、賢く勉強できる体制があることが洛和会音羽病院の最大のポイントだと思います。

 

実際に経験した症例は、上気道炎、胃腸炎はもちろんのこと、椎体椎間板炎、腸筋膿瘍、肝膿瘍、感染性心内膜炎、EHEC、キャンピロバクター腸炎、粟粒結核、SIADH、二次性副腎不全、セロトニン症候群、SMA単独解離、悪性リンパ腫など、挙げればきりがありません。
これらの症例を経験することで「common diseaseのcommon presentation」から「rare presentation」、そして、ある程度の「rare diseaseのcommon presentation」までを学ぶことができます。
症例をきちんと勉強したい人は、ぜひ一度見学にいらしてはいかがでしょうか。

充実した研修の日々

碓井 文隆(平成19年 富山医科薬科大学卒、平成21年より当科にて研修)
(平成22年記)

私は初期研修を、救急と僻地医療に力を入れている病院で行いました。日々野戦病院さながらの診療で数多くの疾患を経験することができました。しかし、十分な指導を受けるゆとりがなかなかなく、自分の判断に自身が持てないことがありました。そのような中で、『内科疾患を幅広く診療できる力をつけたい』、『もっと身体所見で鑑別診断を絞れるようになりたい』という気持ちが生まれてきました。『それなら総合診療科で学ぶのがよいのではないだろうか』と思い、洛和会音羽病院 総合診療科の門をたたきました。当院で働いて早や一年、非常に充実した研修生活を送っています。

 

ここに来る前は、後期研修医は初期研修医の指導をすることが主な仕事のひとつであると思っていました。しかし、ここでの教育は、毎日の回診、朝のレクチャー、昼のカンファレンス、大リーガー医レクチャー、京都GIMカンファレンスなど、学べる機会が山のようにあり、日々新たな発見があり、まだまだ指導を受けることができるという喜びがあります。とかく総合診療科は地味な分野であるように聞こえますが、洛和会音羽病院のスタッフには、総合診療科という分野に情熱を持ち、精力的に学び、実践しようとする先生方が多く、非常によい刺激になります。

 

患者さまにとってのベストな治療は何なのか、どうすれば患者さまに必要な医療を提供できるのか、日々チーム内で指導医、同僚とディスカッションしながら診療しています。やはり、様々な学年のスタッフとディスカッションしながら進めていくからこそ生まれてくる方針・考え方があると思います。物事がうまくいかない時などは、患者さまも自分も辛いことがありますが、そんな時でも一人で悩むのではなく、チームで一丸となってよりよい医療を提供しようとするからこそ実践できる医療もある、と思うようになりました。

 

また、当科の研修では、希望に応じて他科のローテートをすることが出来ます。あたふたしながら初期研修医時代に他科をローテートすることとは違い、generalistという軸足をしっかりと置きながら、自分が希望する分野についてspecialistから直に学ぶことができます。私自身は、昨年消化器内科をローテートしました。病棟診療や外来診療は勿論のこと、上部消化管内視鏡の指導を懇切丁寧に受けました。現在も引き続き、総合診療科で学びながら週1回(半日)上部消化管内視鏡の指導を受けています。

 

当科は総合診療科を目指す方は勿論、将来専門分野に進む予定があっても一定期間内科全般をじっくり研修したい方、英語が得意で大リーガー医に本場のGIMを学びたい方、英語や学術的なことは苦手だけど何科に進むかが決まるまでしばらく総合診療を学んでみたい方、他科にいたけど総合診療をしたくなった方、ドラマを見て総合診療をしたくなった方・・どんな方でも大歓迎です。実際、私自身は、英語は全くできず学術的な知識は皆無でしたが、総合診療科を学びたいという気持ちが強く、当科に飛び込みました。現在はその決断に満足し、日々楽しく充実した研修を送っています。総合診療に興味のある方は、是非見学にお越しください。

問題解決のための総合診療という手法

岩田 啓芳(平成19年 札幌医大卒、平成21年より当科にて研修)
(平成22年記)

総合診療科とは、ただ単に内科の知識を寄せ集めた診療科ではありません。病歴や身体所見から問題点を抽出し、診断推論を駆使して患者さまの問題解決を図るという一連のプロセスに特徴がある診療科だと思います。ここ洛和会音羽病院では、診断学に優れた指導医、大リーガー医が存在し、活発に開催されるケースカンファレンスの場で、今までわからないままに済ませていた臨床上の疑問点が解決したり、診断困難な症例に解決の糸口が見つかったりすることが数多くあります。総合診療科は未だ発展途上の分野ですが、洛和会音羽病院で展開される原因を究明する手法、問題を解決していくプロセスはひとつの学問・文化になっているように思います。

 

地域の中核を担う総合病院であるため、将来家庭医を目指している方にとっては往診などの家庭に根差した診療の機会が少なく、多少物足りなさを感じるかもしれません。しかし、将来家庭医を目指す方も、総合病院に入院した患者さま達が受ける医療の内容を、病院総合医として一定期間自ら経験しておくことは大変意義のあることだと思います。

 

診断推論を用いて診断名が判明しても、難治性の病であったり、年齢、体力的な問題で患者さまの病状の改善につながらない場合もあります。しかし、そのような場合であっても、チームの医師で知恵を絞り、どうしたら少しでも苦痛の軽減につながるか、緩和医療、終末期医療にも配慮した診療を行う点も、総合診療科のひとつの特徴と言えるでしょう。

 

私の個人的な目標は、総合診療という問題解決の手法や全人的な診療内容を、日本の僻地や地域医療の現場に広め、地域の患者さま達に貢献したいということです。まだまだ未熟であり、道のりも決して平坦ではありませんが、目標を目指して日々研鑽を積んでいきたいと思います。興味がありましたらぜひ一度当科に見学にいらして下さい。

日本初の “First, general.”を目指して

中條 航(平成19年 神戸大学医学部卒、平成21年より当科にて研修)
(平成22年記)

先日ハワイで病院実習をした折のこと。内科チーフレジデントが言った、” First, geriatrics. Second, intensive care. ”の言葉がいまでも印象に残っている。どういう意味かと聞いたとき、彼は、高齢者は容易にdetetriorateしやすいから、集中治療の知識が必要になる、という具合に説明をした。「でも、フェローは老年内科に進むんだ。重症管理ができなくなるのは残念だけど」。そうか。ここはアメリカである。採血はphlebotomist, 単純レントゲン読影は放射線科医が総て読影する国である。老年内科はじゅうぶんにgeneralな科であるが、さらにメタレベルのgeneralなアプローチ(この場合は慢性期と急性期を包括する意味で)は、医療制度上許されていない。

さて、翻って、日本国音羽病院総合診療科。幸か不幸か、ここにはその垣根は存在していません。救急、病棟、外来、急性期、慢性期、すべてのフィールドがそろっています。もちろん、疾患の理解だけでなく、社会・倫理的アプローチも重視されるという意味での、generalな視座も要求されます。日本発の”First, general.”を目指して、ともにがんばりたい方、一度見学に来てみてください。

スター級が勢ぞろい

近藤 猛(平成18年 名古屋市立大学卒、平成20年より当科にて研修)
(平成22年記)

私は学生時代より、臓器ごとに特化した医師ではなく1人の人を横断的に見ることができる医師を志していました。
洛和会音羽病院の総合診療科と最初に出会ったのは、地元の病院で初期研修をしていた頃に、音羽病院の「京都GIMカンファレンス」に参加したときでした。このカンファレンスは、毎週第1金曜日の夕方に開催されているもので、京都、滋賀、大阪、神戸、名古屋などから多数の内科系ジェネラリストが症例を持ち寄って集まり、活発なディスカッションを通して診断推論の力を研鑽する場となっています。そのカンファレンスに参加した時、音羽病院の先生方の知識の豊富さ、鑑別診断を絞っていくセンスの良さに驚き、是非ここで後期研修をしたいと思うようになりました。

 

総合診療科の研修では、回診やカンファレンスを繰り返す中で、教科書や文献を読んだだけでは身に付けることができない現場の知識や身体所見の取り方を学びます。その内容は濃密でとても有意義な研修となります。他の病院では病院内に1人いるかいないかの「スター級」の指導医が豊富に存在し、熱意を持って指導に当たってくれます。

 

当院総合診療科では、A、B、Cの3チームで入院患者の診療をしています。それぞれのチームは5名程の医師で構成され、20~30名の入院患者を担当します。私は今年度後期研修医の3年目であり、1チームのリーダー役を務めています。指導医から適宜フィードバックや助言を頂きながら、チームをまとめる指導力や多数の入院患者を把握する力を養うように心がけています。責任の重い役目ですが、大変充実した時間を過ごしています。

 

総合診療科で研修するだけでは経験する症例に偏りが生じる場合があるため、当科の後期研修プログラムでは、専門各科を希望に応じてローテートすることが可能です。それによってバラエティーに富んだ症例を経験し、自分の苦手分野についての知識を増やし、経験を積むことができます。例えば、私が消化器内科をローテートした際は、胃カメラを懇切丁寧に教えていただきました。ジェネラリストとして内視鏡のスキルは重要であるとの当科の考えによって、その後も現在に至るまで週1回の胃カメラを継続しています。毎回消化器内科の先生がとても親切に教えてくださいます。

 

当科の後期研修プログラムは、これから総合診療医を目指していく人、まだ専門を決めていないものの総合的な力を身に付けておきたい人などにとてもお勧めのプログラムです。

懐の深い病院

重島 祐介(平成18年 宮崎大学卒、平成20年より当科にて研修)
(平成22年記)

私が後期研修病院として洛和会音羽病院を選んだ理由の一つは、ここには学ぶ雰囲気があるということです。当院には尊敬できる指導医が本当に沢山います。その先生方からうける刺激、耳学問・・・ここにいるだけでも多くのことを学べます。
そして、より深い診断、より適切な治療をと、常によりよいものを目指す仲間がいます。当院は初期研修病院として有名で、全国から集まる初期研修医は皆優秀で勉強熱心ですが、それでいて付き合いやすい人ばかりで、後輩たちからも刺激をうけつつ、指導医の先生方、同期たちと忙しいながらも(仕事以外でも)楽しく充実した毎日を過ごしています。

 

総合診療科シニアレジデントは総合診療科をベースに様々な科をローテートできます。私は総合診療科以外に、ICU・ER・小児科・腎臓内科にお世話になり各科の専門科から多くのことを学びました。特に小児科は4カ月間研修し、その後も月2回の小児科当直に入り小児診療を継続しています。それは私の将来像が家庭医で、小児も診られるようになりたいとう希望があったからですが、このようにレジデントそれぞれの希望に合わせてある程度自由なローテートをさせてくれます。
また当院は一般病床400床程の地域の中核病院であり、専門科も比較的そろっています。そして医局が院長室を含めワンフロアになっているため、他科との垣根が低くコンサルトが非常にしやすい環境にあり、必要に応じて様々な科と積極的にディスカッションをしています。多くの科にまたがる疾患を持つ患者さまや複数の問題をかかえた患者さまを担当すれば、自分がコーディネーターとして各専門科と関わりマネージメントの中心となることもしばしば経験します。ジェネラリストを志望する人にとって多くの専門科と交流できることは非常に貴重だと思います。

 

このように、当院での後期研修のよさは、何といっても尊敬できる指導医が沢山いて学ぶ雰囲気があること、希望に合わせて様々な科をローテートできること、多くの専門科と関わりが持てることにあると思います。
実はリハビリスタッフが充実していることや優秀な検査技師が丁寧に教えてくれることなど、魅力は他にもありますが・・・。
診療科にこだわらず多くのことを学ぼうとする気概がある人にとって、この病院ほど、それを受け入れる深さをもった病院は全国を探してもそう多くないと思います。
より多くの人に、懐の深い洛和会音羽病院で研修を積んでいただけたらと願います。

 

前のページに戻る

Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014