洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

Sing for Peace コーラス・フェスティバル スペシャルサポーター

洛和会音羽病院、洛和会音羽リハビリテーション病院が
Sing for Peace ~KYOTO2020 コーラス・フェスティバル~のスペシャル・サポーターを務めます。

音楽は古代エジプト時代から医療に用いられてきました。癒すことが元気の治癒に役立つことは、古くから知られた人類の知恵でした。
洛和会ヘルスケアシステムはこうした音楽の「癒す力」に着目して、「洛和会京都音楽療法研究センター」を設け、
さまざまな医療や介護の場に音楽療法を取り入れ効果を上げております。
開館25周年を迎える京都コンサートホールで開かれる「Sing for Peace ~KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~」の開催にあたり、洛和会ヘルスケアシステムの2病院(洛和会音羽病院、洛和会音羽リハビリテーション病院)がスペシャル・スポンサーを務めさせていただくのは、こういう音楽の力への共感と感謝のためです。

「合唱と平和」をテーマに国内外から合唱団が集い「平和」や「愛」を歌い上げる素晴らしいフェスティバルです。
世界に音楽・合唱の力を発信するとともに、京都でもさわやかな歌声の輪を広げてくれると思います。
医療・介護を通じ健康でより良い社会作りに取り組んでいる洛和会ヘルスケアシステムとして、その一翼を担わせていただくことは大きな喜びです。

洛和会ヘルスケアシステム
理事長 矢野 一郎

「Sing for Peace ~KYOTO 2020
コーラス・フェスティバル~」とは?

2020年、西日本最大級となるコーラス・フェスティバルが3日間にわたって開催されます。テーマは「合唱と平和」。合唱音楽を通してさまざまな人々と文化交流を図り、歌と共に「世界平和」を祈る催しです。
音楽監督に全日本合唱連盟名誉会長の浅井敬壹氏、特別ゲストに世界的作曲家・指揮者のボブ・チルコット氏を迎えるほか、イギリスとポーランドからプロ・アマ3合唱団を招聘し、日本の合唱団と共に歌声が披露されます。
また、初日に開催される「プレ・コンサート」では、市内の名所10カ所でア・カペラの演奏会を開催し、京都が歌声で満たされます。

Sing for Peaceロゴ

公式ホームページ:Sing for Peace ~KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~

開催概要

日程
2020年5月22日(金)、23日(土)、24日(日)
場所
京都コンサートホール 大ホール、アンサンブルホールムラタ、ほか
出演
[音楽監督]浅井敬壹(指揮)/[特別ゲスト]ボブ・チルコット(指揮・作曲)
京都市交響楽団/広上淳一(指揮)/Sing for Peace Festival Choir ほか
スペシャルサポーター
洛和会音羽病院洛和会音羽リハビリテーション病院

「洛和会京都混声合唱団 ハモリス」が出演!

「洛和会京都混声合唱団 ハモリス」とは?

2015年に洛和会音羽リハビリテーション病院開設と同時に歌好きの職員有志で結成した、医師、看護師、助産師、管理栄養士、ケアマネジャー、臨床工学技師、音楽療法士…など約20人の多職種で構成された合唱団です。

コンクールにも出場し、2019年には、「第3回「もうひとつの京都」合唱フェスティバル」にて銅賞を受賞しました。

出演

2020年5月22日(金) 午後5時30分~(プレ・コンサート)
京都コンサートホール エントランスホール

洛和会京都混声合唱団 ハモリス

洛和会京都混声合唱団 ハモリス ホームページ

協賛病院