活動日記

≪2013(平成25)年10月の活動日記≫

「平成25年安心・安全まちづくり京都府大会へ参加しました」

〔2013/10/11/金〕

安心・安全まちづくり京都府大会今回は企業による防犯CSR活動ということで、洛和会ヘルスケアシステムと株式会社ワコールによる活動発表をしました。
洛和会ヘルスケアシステムでは、「地域の安心・安全サポート事業所」に介護関連の86施設が登録、詐欺被害防止の啓発活動、職員・施設利用者が「地域の子ども見守り活動」に参加するなどの取り組みをしています。
株式会社ワコールでは、思春期の女の子のからだの成長と適切な下着選びについて解説する無料出前講座「ツボミスクール」や、女性警察官による「小・中学生の女の子のための防犯教室」を行っています。

ロックモンキーズまた、学生ボランティア「ロックモンキ-ズ」の防犯活動表や、京都府警察音楽隊&カラーガード隊による演奏もありました。京都市朱雀地域包括支援センターも、消費者被害などのパンフレットを配布させていただきました。

「みんなでつくろう安心の街」・・・地域全体で声掛け、家族で被害防止の話し合い、不審な電話はすぐに通報、近所の目で侵入者を防ぐ、戸締りチェック、防犯ブザーの活用、環境浄化、広報啓発活動など。
皆さんも自分にできることから始めてみませんか?

「第5回丸太町・権利擁護セミナーを開催しました」

〔2013/10/7/月〕

丸太町・権利擁護セミナー今日のテーマは「終の住処 ~高齢者の住宅・施設事情~」です。 講師は京都市すこやか住宅ネットの藤木先生と寺澤先生です。

住み替えのポイントや、高齢者の住まい選びのポイント、施設の種類などを学びました。 住み替えのポイントとしては以下のようなことがあげられるとのことです。

  1. 経済的な観点からの住み替え
  2. 現在の住居が住みにくくなり住み替え
  3. 独居の不安からの住み替え
  4. 介護が受けられるところへの住み替え

「どのような老後を送りたいか」を自分なりに整理し、今後の住まいを選ぶ基準にしてみてはどうでしょうか?
丸太町・権利擁護セミナーは、京都アスニーで、月1回開催しています。基本的には第2月曜日に行っていますが、前後することもございます。
ご興味のある方は当センターまでお問い合わせください。
[TEL: 075(801)1384]

2016(平成28)年
2015(平成27)年
2014(平成26)年
2013(平成25)年
2012(平成24)年

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑