活動日記

≪2014(平成26)年1月の活動日記≫

「京都サンガF.C. 健康アカデミーへ参加してきました!!」

〔2014/1/31/金〕

京都サンガF.C.健康アカデミー教室

京都サンガF.C.が開催している健康アカデミーに参加しました。高齢者の方でも無理なく楽しみながらできる教室で、「運動を通して健康であることの楽しさを実感してほしい」という目的で開催されています。
前半は、京都サンガF.C.の成山コーチによる、ボールを使った運動を行いました。みんなで円になって、腕を使ってボールを渡していくゲームや、つくった円から出さないようにボールを蹴っていくゲームをしました。だんだんボールが増えていくと難しくなり、皆さん真剣に、楽しみながらゲームに参加されていました。
後半は、健康体力づくりの会の山根先生が、健康についてのお話と、いすに座ったままできる体操を教えてくれました。
山根先生のお話の中で特に印象に残ったものがありますので、紹介します。
元気で長生きするためには「きょういく」と「きょうよう」が必要で、この「きょういく」「きょうよう」は「今日行く」ところがあって、「今日する用事」があるという意味だそうです。
寒いからといって、一日中こたつで過ごしていませんか?
体を動かして、元気で長生きができるように、毎日を楽しんでください。

「第8回丸太町・権利擁護サロンを開催しました」

〔2014/1/24/金〕

丸太町・権利擁護セミナー今日のテーマは「高齢者のための防犯・交通安全教室」です。
交通安全についてのお話のあと、詐欺事件を中心とした防犯のお話をしていただきました。
近年、事故による死者の総数は減少しているにも関わらず、そのなかで65歳以上の方の占める割合は、年々増えています。事故が発生しやすい時間は夜間、特に午後6時~午後8時の夕暮れ時で、歩行中の事故が多いとのことです。また、自宅から500m以内での事故が多くなっています。慣れている道だからと油断せずに、気をつけましょう。

サロンで出題した交通安全クイズを紹介します。

【Q1】道路横断中の高齢者の違反で最も多い違反は何でしょうか?
  1. 信号無視
  2. 横断歩道外横断
  3. 斜め横断
【Q2】ドライバーから反射材をつけている人のことは、何m離れたところまで見えるでしょうか?
  1. 約20m
  2. 約70m
  3. 約120m

答えは・・・【Q1】は1.の「信号無視」です。高齢になるにつれて歩く速度が遅くなり、途中で信号が赤に変わってしまうことが多くあります。「渡りきれるかな・・」・と不安なときは、次の青信号まで待つようにしましょう。【Q2】は3.の「約120m」です。車のヘッドライトは通常下向きになっているので、靴の裏、かかとなど、足元に貼ると効果的です。

権利擁護サロンは、三条会商店街振興組合事務所1階のコミュニティースペースで、月1回開催しています。お買い物のついでに、お茶を飲みがてら参加しませんか?
第9回は、2月28日(金)午後2時からの開催で、テーマは「悪徳商法 徹底撃退法!!」です。
ご興味のある方は当センターまでお問い合わせください。
[TEL: 075(801)1384]

「第8回丸太町・権利擁護セミナーを開催しました」

〔2014/1/6/月〕

京都サンガF.C.健康アカデミー教室

今日のテーマは「高齢者のための防犯・交通安全教室」です。講師は中京警察署 生活安全課の山崎先生と、同 交通課の岩崎先生です。

皆さん、防犯や交通安全には気をつけていますか? 被害に遭わないために、「自分の身は自分で守る」という意識をもって気をつけましょう。
防犯についての講義では、詐欺やひったくりについてのお話を聞きました。もしも、自宅に不審な電話や訪問があれば、迷わず警察署へ連絡してください!
振り込め詐欺の対応策として、「留守番電話大作戦」があります。在宅時でも留守番電話で対応すれば、犯人と直接会話しないため、落ち着いて判断することができ、また、犯人は録音されることを嫌がり、電話を切ることが多いようです。
交通安全についての講義では、5mの歩行時間を計ったり、機械を用いて、反射神経の年齢を測定しました。高齢者の事故は、道路を横断しているときが多いようです。信号機が変わりそうなときは、無理をせずに待ちましょう。また、横断歩道のないところでの横断はしないように気をつけましょう。

丸太町・権利擁護セミナーは、京都アスニーで、月1回開催しています。基本的には第2月曜日に行っていますが、前後することもございます。次回のセミナーは、2月10日(月)午後2時から、京都アスニーで開催します。テーマは「悪徳商法 徹底撃退法!!」です。
ご興味のある方は当センターまでお問い合わせください。
[TEL: 075(801)1384]

2016(平成28)年
2015(平成27)年
2014(平成26)年
2013(平成25)年
2012(平成24)年

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑