活動日記

≪2014(平成26)年4月の活動日記≫

第1回権利擁護セミナー・サロンを開催しました

〔2014/4/24/木・4/25/金〕

丸太町・権利擁護セミナー今年度も権利擁護セミナー・サロンを開催していきます。
4月の第1回目は「老いじたくについて考えよう」というテーマでお話しをさせていただきました。
「老いじたくはなぜ必要?」という話から、孤立度チェックも行いました。また、エンディングノートについてもお話しし、当事業所が作成したエンディングノート「私の説明書」も配布させていただきました。サロンでは、「私の説明書」の一部を一緒に記入していきました。
エンディングノートを書くことで、自分の気持ちの整理や、どのような準備をしていく必要があるのかなどを考えることができるのではないでしょうか。
エンディングノートを書きたいと思っている方は、当ホームページから「私の説明書」をダウンロードできますので、ご自由にお使いください。(⇒詳しくはこちら)また、書店にもいろいろな種類のエンディングノートが売っていますので、ご自分に合ったノートを探してみてください。

★次回のご案内
【権利擁護サロン】
日時:5月8日(木) 午後2時~3時
場所:京都アスニー 3階 第3研修室B
テーマ:「介護保険について知ろう ~在宅サービス編~」
講師:京都市朱雀地域包括支援センター 主任介護支援専門員

【権利擁護サロン】
日時:5月23日(金) 午後2時~3時
場所:三条会商店街振興組合事務所
テーマ:「介護保険について知ろう ~在宅サービス編~」

ご興味のある方はご参加ください。また、ご不明な点は当センターまでお問い合わせをお願いいたします。
[TEL: 075(801)1384]

若葉教室を開催しました

〔2014/4/21/月〕

壬生坊城団地集会所で、本年度最初の若葉教室を開催しました。小雨が降る肌寒いなか、7人の方がご参加くださいました。
今回は、看護実習生2人の飛び入り参加がありましたが、若者のパワーに負けないぐらい、参加者の皆さんも元気はつらつ! 看護師の卵の歌声をバックに、いきいきと脳トレ体操に取り組まれました。
春の花をたくさん思い浮かべるコーナーでは、「連翹(レンギョウ)」「エーデルワイス」など珍しい名前も披露され、それぞれの花の興味深いエピソードに、会場が盛り上がりました。また、都道府県をシルエットで当てる問題では、わかりにくい形の県名を、お隣同士で相談されるほほえましいご様子も、お見受けしました。
参加者の皆さんのたくさんの笑顔のおかげか、お帰りの時間には雨はすっかり上がり、明るい春の太陽が新緑を照らしていました。

若葉教室は、毎月第3月曜日の午後2時~3時に壬生坊城団地集会所で開催しています。ご興味のある方は、ぜひ当センターまでお問い合わせください。
[TEL: 075(801)1384]

2016(平成28)年
2015(平成27)年
2014(平成26)年
2013(平成25)年
2012(平成24)年

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑