健康情報

イベント枠

すざくほけんだより夏号

【熱中症に注意しましょう!】

この夏も新型コロナ感染予防のためのマスク着用が必要です。マスク着用により熱がこもりやすく、熱中症リスクが高まっています。特に高齢者の方は要注意です。
症状や対処法を知り、しっかり予防しましょう。

《熱中症の症状》

軽症

  • めまい、足がつる、大量の発汗

中等症

  • 頭痛、吐き気、嘔吐、高体温

重症

  • 反応がない
  • おかしな返答

《対処法》

  • 水分、塩分の補給。
  • 涼しい場所で休憩をする。
  • 頸、脇の下など、体を冷やす。
  • 意識がない、水分が取れないときなどは救急車を呼ぶ。

《予防法》予防が大切!

  • エアコンや扇風機を使用する。(室温28℃、湿度60%目安に。)
  • こまめに換気を行う。
  • 外出時は日傘や帽子の着用。
  • 運動は涼しい時間帯、人の少ない時間帯に行う。
    屋外で人と十分な距離(2m以上)が取れる場合はマスクを外す。
  • 喉が渇いていない時でもこまめに水分補給をする。(1日1.2ℓ目安)
  • 規則正しい生活を心掛け、日頃から健康観察を!

[2021年7月28日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

高齢者の皆さんへ 高齢サポートからのお知らせ 夏号

【「夏バテ」を予防して、元気に暑さを乗り切ろう!!」 京都市中京歯科医師会】

いよいよ暑い夏が目の前に!
疲れが抜けにくい、食欲がわかない、これといった病気ではないのに身体の不調が続くなど、「夏バテ」の状態です。対策をしっかりとって、暑い夏を乗り切りましょう。

暑さが元となる夏バテの主な原因と症状は?

  • 脱水症状:体内の水分・ミネラル不足
  • 栄養不良:食欲低下
  • 自律神経の乱れ:暑さと冷えの繰り返し

1日3食、栄養バランスを心掛ける

  • 暑さで疲れやすく、汗でミネラルを失いがちな体は、たっぷりの栄養が必要です。
  • 少量づつでも多くの食材を食べられるよう、食事の内容に気を配りましょう。

積極的に摂りたい栄養素と食材

  • たんぱく質…消耗しやすいため補給が必要⇒肉類・魚介類・豆腐や大豆製品・卵・乳製品
  • ビタミンB1…糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする⇒豚肉・うなぎ
  • アリシン…ビタミンB1の吸収を高める⇒たまねぎ・にんにく・ねぎ
  • きゅうりや茄子、トマトなどの夏野菜は水分が多く体を冷やす働きがある

簡単レシピ

【汁気を切ってほぐしたサンマの蒲焼缶1/2缶】
【薄く切って塩をふりしんなりさせた胡瓜1/2本】
【刻んだ甘酢生姜】【白ごはん茶碗1杯分】を混ぜる

[2021年7月28日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

すざくほけんだより春号

【春バテを吹き飛ばしましょう】

この春は新型コロナウイルスの感染予防のため、外出を控えている方も多いと思われますが、コロナ疲れからストレスや不安を抱えていないでしょうか? 春は外気温の変動が大きいことや自律神経の乱れから心身の不調を感じやすくなります。

★春先の体の不調 春バテとは?

  • だるい
  • 気分が落ちこむ
  • 何をするのもおっくう
  • イライラする
  • 物事に集中できない
などの症状がみられることがあります。

★春バテ対策について

  • 朝起きたら、朝日を浴びましょう。→朝日を浴びることで脳と体が目覚め、昼の活動モードに入ることができます。
  • 冷え対策をしっかりしましょう。→気温差が大きい春はカーディガンやストールなどを用いて、衣類の調整をこまめにしましょう。
  • お風呂につかって体を温めることも効果的です。
  • 人混みを避けて散歩や体操の時間を持ちましょう。
  • ストレスや不安が強いときは、一人で抱え込まず、周囲の方やかかりつけ医、高齢サポートなどに相談してくださいね。

感染対策をしながら春を楽しんでくださいね。

[2021年5月12日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

高齢者の皆さんへ 高齢サポートからのお知らせ 秋号

【食欲の秋♪ 「今こそ、お口の健康を!」 京都市中京歯科医師会】

「栄養(食・口腔)、運動、社会参加の3つの柱」が真の健康長寿の重要なカギです。特に高齢期の「食べる力」をアップできていますか?

まずは今の状態を確認しましょう。自分のお口に関心を持ちましょう。

お口のささいなトラブルはありませんか?

  1. 滑舌低下
  2. 食べこぼし
  3. 噛めない食品の増加
  4. むせ

オーラルフレイル(お口の衰え)は…
2年後の「フレイル(全身の虚弱)」「サルコペニア(身体機能低下)」
4年後の「要介護」「死亡」リスクを約2倍高めます。

【オーラルフレイル予防】

日本歯科医師会推奨!
3日坊主にならない口腔体操とは?

ガラガラ・ぶくぶくうがいを毎日すること!(ウイルス感染防止+お口周りの運動)

首・肩・舌を動かす運動も習慣化すれば、さらに予防効果があります!
詳しくは「京都府歯科医師会」のホームページをチェック!
定期的に歯科医院でみてもらいましょう。

[2021年1月26日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

すざくほけんだより冬号

【冬はヒートショックに注意しましょう】

★ヒートショックとは★
暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。失神や不整脈を起こしたり、急死に至る危険な状態で、気温の下がる冬場に多くみられます。

★ヒートショックの危険性が高い人★
高齢者は特に注意すべきです。日頃元気な方でも高齢者は血圧変化を来たしやすく体温を維持する生理機能も低下しています。体全体が露出する入浴時は特にヒートショックが起こりやすく、注意が必要です。

入浴時のヒートショックを防ぐ6つのポイント

  1. シャワーを活用したお湯はり。
  2. 脱衣所や浴室、トイレの暖房器具設置や断熱改修。
  3. 湯温設定は41度以下にする。
  4. 一人での入浴はできるだけ控える。
  5. 夕食前、日没前の入浴を心がける。
  6. 食事直後、飲酒時の入浴を控える。

上記のポイントに注意をして安全に気持ちよく入浴しましょう!
日頃から定期受診、服薬をして健康管理に努めてくださいね。

[2020年12月18日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

すざくほけんだより夏号

【熱中症を予防しましょう!】
新しい生活様式として引き続き、手洗い、マスク着用をしましょう。
3密(密集、密閉、密接)は避けましょう。

★今年は新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用をお願いします。ただし、マスクにより体内に熱がこもりやすく、喉の渇きも感じにくくなり、熱中症リスクが高まります。
屋外で人と十分な距離(目安2メートル以上)を確保できる場合や、マスク装着がしんどい時は、適宜外して休憩をしてくださいね。

★日頃から体温測定を行い、体調が悪ければ無理をせず自宅で静養を。

  1. こまめに水分補給をしましょう。喉が渇く前に水分補給!
    ちょっとそこまで…の外出でも水分(ペットボトルや水筒)を持参しましょう。
  2. エアコン、扇風機を上手に使用しましょう。換気も大切です。
  3. 部屋の温度と湿度はこまめにチェックを。
    (室温28度以上湿度70%以上は要注意。)
  4. 外出時には日傘や帽子を使用しましょう。
  5. 暑さに備えた体作りをしましょう。涼しい時間に適度な運動を。
    バランスの良い食事、十分な睡眠をとりましょう。
  6. 自分で水分が取れない、呼び掛けに答えない場合はすぐに119番通報を。

[2020年7月17日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

高齢者の皆さんへ 高齢サポートからのお知らせ 夏号

【防ごう!脱水症・熱中症】

脱水症や熱中症に注意する季節がやってきました。
この夏は新型コロナウイルス感染症の出現により新しい生活様式を定着させつつ、脱水、熱中症予防も必要になってきます。

★脱水症について★
【脱水症とは】大量に汗をかいたり、水分摂取量が少ないと、体の水分バランスが崩れ、脱水になります。

【効果的な水分補給方法】

  • のどが渇く前にこまめに水分補給する。(1日1500mlを目安に)起床時、朝食、昼食、夕食、入浴後、寝る前など タイミングを決めてコップ一杯程度を目安に摂取する。
  • 食事やおやつからも水分摂取できる。味噌汁や昆布茶にはミネラルや塩分も含まれる。(ただし、塩分制限のある方は注意が必要なので主治医と相談してください。)
  • プリンやゼリーも重要な水分源となる。

★熱中症予防のポイント★

  • エアコンや扇風機を上手に使いましょう。(気温28度、湿度70%以上は要注意)→適宜、室温や湿度をチェックしましょう。こまめに換気をするようにしましょう。
  • 外出時には日傘や帽子を使用しましょう。
  • 涼しい時間に適度な運動を。体調が悪い時は休息をとって無理せず休みましょう。
  • 十分な睡眠とバランスのよい食事を心掛けましょう。
  • 自分で水分が摂取できない、呼びかけに答えない場合は119番通報を!

【新型コロナウイルス感染症対策として注意したいこと】

  • 屋外で人と十分な距離【約2m以上】がある時には適宜、マスクは外しましょう。
  • マスクを付けた状態での運動や負荷のかかる動作、家事をする時は注意が必要です。無理をせず適宜、マスクを外して休憩しましょう。
  • 日頃から体温測定を行い、体調管理に努めましょう。
  • マスクを着用していると、のどの渇きを感じにくくなることもあります。意識して水分を摂取するようにしましょう。

[2020年7月17日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

高齢者の皆さまへ

【新型コロナウイルス感染症とは?】
発熱、のどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性があります。

【うつらないために、うつさないために】

  • まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事の前などにこまめに石けんでの手洗いを行いましょう。アルコール消毒も有効です。適宜、うがいも行いましょう。
  • 咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。(できるだけマスクを着用しましょう。マスクのない時にはハンカチを活用しましょう。)
  • できるだけ人込みの多い場所を避けて行動しましょう。
  • 「密閉空間」「密集場所」「密接場面」は避けましょう。

[2020年5月2日掲載〕

イベント枠

 

イベント枠

自宅でできる貯筋体操

★体操を行う際の注意点★
1. 息は止めないよう、自然な呼吸で行いましょう
2. 1セット10回×2~3セット行いましょう
3. 鍛えている筋肉を意識して行いましょう
4. 体調が優れない場合は中止し、できる範囲で行いましょう

【スクワット(太もも前・お尻)】
1. 肩幅に足を開きます(イスや壁など安定したものを支えにして行います)
2. お尻を後ろに引くように腰を落とします
3. 膝がつま先よりも前に出ないように、また膝とつま先を同じ方向に向けましょう

【かかと上げ(ふくらはぎ)】
1. 肩幅に足を開きます(いすや壁など、安定したものを支えにして行いましょう)
2. かかとを上に持ち上げます。この時、親指のつけ根に体重を乗せるように意識しましょう
3. 力を抜く際に、ゆっくりすることで更に効果が上がります(座ったままでも可能)

[2020年5月2日掲載〕

イベント枠

 

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑