お電話

メニュー

洛和会東寺南病院看護部

新着情報

2018.4.1
ホームページをリニューアルしました。

看護部について

心のこもった看護を

洛和会東寺南病院は、これからの日本の医療・介護の縮図を表しており、地域医療構造を具体化し、機能させていくべき医療機関であると思います。
外来・健診部門では、受診者さまがその人らしい社会生活をこれからも維持できるよう、健康の保持・増進を支援いたします。また、入院部門では、介護・福祉と積極的に連携し、健康障害のある高齢者の方も、住み慣れた地域でその人らしい生活ができるよう、支援いたします。
地域で暮らす方々に対して、心のこもった看護を提供できる看護部でありたいと思っております。
患者さまをはじめ、地域の皆さま、ならびに医療・福祉に携わる皆さまにおかれましては、ご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

看護副部長 南出 かおる


理念

看護とは、患者さまの生命力の消耗を最小限にし、最大限の健康を取り戻すために可能な限りの援助を行うことである。それは人間関係を通して行われ、医療を受ける者と担い手との信頼関係を強める必要がある。

洛和会東寺南病院は、政府の掲げる「地域医療構想 ~地域包括ケアシステム~」を踏まえた時代・社会の要請による高齢者医療に対応している。看護部はこの医療チームの重要な柱であり、スタッフは研さんを積み、知識・技術・看護実践能力を高め、好ましい看護師像を獲得する。

  1. 患者さまが満足し、安心できる看護を提供する。
    現代医療では、患者さまを身体的・精神的にも良好な状態に保つうえで非常に大切な看護の基本となる部分が、おざなりにされている傾向にある。もう一度、看護の原点に戻って対象を見つめ直す。
  2. 地域包括ケアシステムを踏まえた看護のスキルを獲得する。
    地域医療構想の流れを理解したうえで、患者さま個々の治療方針を多職種間で共有し、入院中の合併症・トラブルを防止しながら、高齢者が地域での生活を送る療養の場とできるための看護を提供する。
  3. 看護に対する自信と誇りと責任をもち、医療チームの一員として活動できるよう、個人の職業スキルの向上をめざす。
    「生涯教育」の姿勢をもち続け、常に自己研さんする。また、チーム医療推進のために多職種との有効なコミュニケーションを図る。

システムについて

看護方式

パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS)

看護体制

許可入院患者数

46人(一般)

看護単位

1単位

看護要員配置

15:1

〒601-8441
京都市南区西九条南田町1



  • 075(672)7500
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後1時~午後4時30分

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル