このページの先頭

かいごのひろば

 

地域のために、地域とともに…地域貢献

地域で認知症の理解を深める

認知症サポーター講座

地域の皆さまの認知症への理解を深め、認知症の方をみんなで支える地域づくりに向け、認知症サポーター講座を開催しています。

グループホームや介護施設などで働いている専門スタッフが、講義や寸劇などを行い、地域の皆さまや警察署などにも出向いて、認知症の理解を深めていただけるように取り組んでいます。

 

認知症を考える会

認知症の理解を深め、認知症の方を地域で支えるために、「認知症を考える会」を開催し、さまざまな切り口で認知症について考える機会を設けてきました。

第1回 支える側が支えられるとき ~認知症の母が教えてくれたこと
講演           講師:詩人 藤川 幸之助氏
第2回 未来をささえる子供たちへ認知症を理解してもらおう!
講演と絵本コンサート   講師:大谷 るみ子氏
第3回 共生 ~認知症の理解を深め、共に支え、共に生きる~
講演とディスカッション  講師:中村 重信先生
第4回 つながり ひろがり 地域で認知症を支えよう
講演とディスカッション  講師:松田 実先生
第5回 もしかして認知症? 早期発見・早期対応について考える
講演とディスカッション  講師:森 俊夫先生
第6回 認知症の人の権利を守る お金のはなし
講演とディスカッション  講師:坂西 涼氏
第7回 地域でつながる カフェを通じた居場所づくり
講演とディスカッション  講師:武地 一先生

 

訪問看護で在宅療養生活を支える

訪問看護は、地域包括ケアシステムを支える大きな柱の一つです。

訪問看護への理解を深めるとともに、訪問看護師を増やし、多くの方の在宅療養生活を支えるために、毎年、訪問看護シンポジウムを開催しています。

 

第1回 心と心をつなぐ在宅ターミナルケア
講演とシンポジウム     講師:濱戸 満都里氏
第2回 在宅ターミナルケア やっぱりわが家が一番
講演とシンポジウム     講師:徳永 進先生
第3回 在宅ターミナルケア 最期まで自分らしく
講演とシンポジウム     講師:萬田 緑平先生
第4回 自宅での生活を支えます 訪問看護大解剖
講演とディスカッション   講師:宮崎 和加子氏

 

健康や福祉の情報発信

洛和会ヘルスケアシステムでは、地域の皆さまに向けて、健康や福祉に関する無料の健康教室を開催しています。

また、地域の事業所でも、ミニ健康教室を開催し、気軽にご参加いただけるよう取り組んでいます。

 

研修機関で資格取得を支援

喀痰吸引等研修機関

2012(平成24)年から、介護職員も喀痰吸引などの研修と実地研修を修了すれば、喀痰吸引や胃ろうの処置の一部を担えるようになりました。

当会では、京都府内でもいち早く喀痰吸引等研修機関を開設し、多くの受講生が喀痰吸引などを現場で行えるよう育成をしています。

⇒ 洛和会喀痰吸引等研修機関(第1号、第2号研修) 募集要項

 

介護職員初任者研修機関

2013(平成25)年に改正された法律に基づき、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を実施しています。

介護職員初任者研修は、介護の入門資格です。

「介護の仕事に就きたい!」という方々の夢を支えています。

⇒ 洛和会介護職員初任者研修 受講のご案内

 

実務者研修機関

介護福祉士受験の要件として、2015(平成27)年度の試験から必須になる実務者研修機関を、2015年度に開設します。

 

施設見学のお申し込みはこちら

 

ページトップに戻る ▲