洛和会音羽病院 ジュニアレジデント(初期研修医)募集

洛和会音羽病院における臨床研修の歴史を振り返ってみると、当院は古くから臨床研修を重視しており、当時の厚生労働省から臨床研修病院の指定を受けたのが1997年で、公表はしていなかったものの、2000年度・2003年度に、かなり詳細にわたった研修プログラムの改定を行っています。2004年に開始された新医師臨床研修制度には2003年度改定プログラムをもとに臨んでいましたが、厚生労働省令との整合性を改善し、新制度開始以来3年間の経験を踏まえた、より進化したプログラムを提供するため、さらなる改定を加え2008年度版を公表しました。その後、2009年に入り、厚生労働省と文部科学省は制度発足当初の理念を後退させた見直しを行う案を公表しましたが、当院では、初期研修はあくまで、将来どの専門科に進もうとも、また、全国どこに行っても活躍できるジェネラリストの素地を培う時期と捉え、2010年度版では2008年度版を大きく変更せず、多科ローテーションを継続したうえで、地域医療研修を飛躍的に充実させました。以後2012年、2014年、2016年とマイナーな改定(2016年度版では選択ローテーション期間を延長)を行い、より研修医のニーズに即したものに変更してきています。

 

現在のわが国における医師のつくられかたを俯瞰してみると、どの大学を卒業したかではなく、どの研修病院で研修を受けたかで、その後の臨床医としての実力と成長力が規定されるといっても決して過言ではありません。特に全国の医学生の皆さんにおいては、当院の初期研修プログラムを参考のうえ、少しでも興味が沸けばどしどし見学に来て、実際に当院で若い医師たちがどんな研修を受けているか、卒後2年目ともなればどんな力をつけているかを目の当たりにして欲しいと思います。皆さんの応募を待っています。

洛和会京都医学教育センター 所長 酒見 英太
(2016年9月)

 

カンファレンス
カンファレンスの様子

研修プログラム

洛和会音羽病院初期臨床研修プログラム(PDF)

厚生労働省令経験目標 履修担当診療科表(PDF)

 

各科のプログラム(全てPDF)


 

病院見学

こちらからお申し込みください(⇒医学生病院見学のご案内

 

ジュニアレジデント(初期研修医)募集要項

研修プログラム名 洛和会音羽病院初期臨床研修プログラム
プログラム番号 030479201
研修期間 2018(平成30)年4月1日~2020(平成32)年3月31日
研修医定員 10人
応募資格
  1. 2017(平成29)年実施の医師臨床研修マッチングに参加される方。
  2. 必ず試験日8月20日(日)に洛和会音羽病院へお越しいただける方。

(昨年以前のマッチングが成立した病院に就職しなかった方は応募できません)

募集期間 募集は締め切らせていただきました
提出書類 履歴書1通(顔写真貼付、病院指定書式)
⇒ダウンロード
※記載に不備が多数見受けられた場合や、虚偽があった場合は受験をお断りする場合があります。
試験日・試験内容

2017(平成29)年8月20日(日) 午前8時~午後6時

  1. 医学知識に関する筆記試験MCQ(全科)
  2. 小論文(テーマは当日発表)
  3. 面接試験
選考結果 医師臨床研修マッチング協議会発表に従う。
処遇 身分 常勤医師(1年毎の契約更新)
研修医宿舎 有(寮費は病院が半額負担します)
社会保険 完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
休暇 4週8休制 + リフレッシュ休暇制度(連続10日間/年)有
書類送付・お問い合わせ先 〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2番地
洛和会音羽病院 秘書課 月岡政司
E-mail:hisyo03_o@rakuwadr.com
TEL:075(593)4111/FAX:075(581)6935

 

お問い合わせ・書類送付先

〒607-8062

京都市山科区音羽珍事町2
洛和会音羽病院 秘書課 月岡政司

hisyo03_o@rakuwadr.com

※お問い合わせは基本的にメールで、お願いいたします。

TEL:075(593)4111(代)

FAX:075(581)6935(直)

 

洛和会音羽病院について

創設 1980(昭和55)年
病院長 二宮 清
医師数 常勤185人(2017年4月現在)
許可入院患者数 548人
  • 一般病棟:429人
    (うちICU/CCU:12人、SCU:6人、
    救命救急病棟:28人含む)
  • 地域包括ケア病棟:59人
  • 認知症治療病棟:60人
ホームページ ⇒洛和会音羽病院ホームページはこちら

総長メッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 総長 松村 理司

 

初期臨床研修では、「典型的症候を呈する日常的な疾患」を数多く経験することが重要である。ということは周知のことだと思いますが、当院では、同時に診断推論の基礎をしっかりと身につけることが非常に重要であると考えています。
診断へのプロセスは、まず病歴のみにて鑑別診断を列挙します(その際、鑑別診断を支持する、あるいは除外する詳細な病歴をとることが不可欠です)。
次に身体所見を加えてさらに鑑別を絞り込み、最終的に必要最小限の検査にて正診を導き出します。
この診断推論(身体診察前確率・検査前確率)を意識した日々の訓練こそが、医師としての基礎を築く最初の時期に徹底されるべきだと考えています。
検査のみに頼った医療や臨床教育はあってはなりません。
このような教育は「屋根瓦式チーム医療」の下、日々の臨床でのプレゼンテーション(症例呈示)の訓練を通じて徹底的に行われています。
また、「大リーガー医招聘プログラム」「京都GIMカンファレンス」など院外からの刺激も受けつつ、さらにその磨きをかけています。

加えて、当院は「365日24時間、救急車・救急患者を断らないER型救急」を堅持しており、このことが多くの症例数と、多彩な症例バリエーションをもたらしています。
これに対応するにはジェネラル志向は必須ですし、まさにプライマリ・ケアの基本的診療能力の修得に適しているといえるでしょう。

当院の医局構成員に出身大学の偏りはありません。約190人の医師が一つの部屋に席を置く総合医局は、開かれた教育空間を作り出し、診療科の垣根を越えての研修を可能にしています。
「医学は耳学問」「See-one Do-one Teach-one」を合言葉に日々鍛錬を続けています。

 

研修医メッセージ

靑木 一晃(ジュニアレジデント2年次)

初期研修1年間を洛和会音羽病院で過ごして感じたことは「充実した教育環境」の一言に尽きます。朝のレクチャーや昼のケースカンファレンス、京都GIMカンファレンス以外にも院内ではたくさんの勉強会が開催されており、病院にいるだけで日々多くの学びを得ることができます。ER救急での診療では豊富な疾患をwalk inから救急車まで偏ることなく経験できる上に、上級医とともに診察・治療をしていくため判断に困る時はいつでも相談できる環境も音羽病院の良さの一つと考えます。百聞は一見に如かず、ぜひ一度見学に来て良さを実感していただければ幸いです。

 

瀧川 萌子(ジュニアレジデント2年次)

私が考える洛和会音羽病院の最も大きな特徴は、指導してくださる上級医の数の多さにあると思います。研修医に対する上級医の数が多いために、相談相手に困ることはありません。また、どの先生も大変教育熱心で、優しく丁寧に教えてくださいます。研修医同士での勉強会を開催している病院は多いですが、ベテラン指導医が毎日入れ替わりでレクチャーしてくださる病院はそんなに無いと思います。毎日楽しく耳学問できることは保証します。

 

松崎 紗矢香(ジュニアレジデント1年次)

まだ働き始めて間もない私ですが、どのように感じ考え日々を過ごしているかについて述べたいと思います。
私は今、救命救急センターで研修しています。これまで重症に見える患者さまに圧倒されたり、勝手に軽症と思い込んだり、過度の不安と過信に翻弄されていました。そして何が分からないのか掴めぬまま、上級医への相談すらまともにできない状態でした。それでも忙しい業務の合間を縫って根気強く指導してくださる先輩医師の方々や、バラエティー豊かな同期に支えられ、一つ一つ自分の勝手な思い込みを修正し課題を見つけて試行錯誤しています。
この病院で働いている人たちは、きっと目の前に困っている人がいると放っておけない方ばかりなのだと思います。知識だけでなく、その思いを受け継ぎつつ、患者さまや後輩の皆さんに対し今の自分にできることを考え、行動に移していきたいです。

 

前のページに戻る

 

Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014