このページの先頭

洛和会ヘルスケアシステムの社会貢献

健康教室への講師派遣や各種イベントへの救護班派遣、地域の子どもたちの健やかな育成、子育て支援など、地域社会への貢献活動に取り組んでいます。

洛和会ヘルスケアシステムは、1967(昭和42)年、医療機関の空白地域であった土地に、当時としては画期的な、救急医療を中心とした病院を開設しました。その後、高齢社会の到来が口の端に上りはじめると、いちはやく老年科医療を中心とした病院を構想、1980(昭和55)年に開設しました。
いずれも、地域社会のニーズに応えた病院設立でした。


洛和会ヘルスケアシステムは、創立以来、医療・介護という、社会に必要不可欠なサービスを軸として、「ひと」「もの」「こと」の観点から社会貢献を進めています。

このページのトップへ