洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

オールインワンの笑顔と健康のために

企画内容

医療、介護機関である洛和会ヘルスケアシステムと教育機関の資源を活用し、地域と高齢者との繋がり強化および人材育成を目指すものです。第1回目は、洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部と京都橘大学 現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科 谷口知司教授ゼミ(観光学)が連携・協力し(産学連携)、今後の超高齢社会での観光業界を見据え、サービス付き高齢者向け住宅 洛和ホームライフ音羽に入居されている高齢者と学生が、一緒に京都市東山区の店舗・神社を巡るツアーを企画、実施しました。

企画趣旨

超高齢社会を見据え、高齢者が「住み慣れた地域での自分らしい暮らし」ができるように、 住まい、医療、介護、予防、生活支援などが一体的に提供できるしくみである「地域包括ケア」の理念に基づいた、地域連携事業です。 観光ツアーの企画・体験を通じて、高齢者と若年層の学生が交流を深め、高齢者は「生きがいづくり」の実感を得る、 学生は今後の超高齢社会での地域と高齢者との関わりを学ぶきっかけ作りを図ります。 地域の医療、介護、教育(若年層)、高齢者(住民)が連携することで、地域コミュニティ強化の1つのモデルケースを目指します。

高齢者にとってのメリット

  • 多世代との交流による、
    心の癒しや活力の向上
  • 生きがいの気づき

地域にとってのメリット

  • 次世代の人材育成
  • 地域の連携強化のモデルケース
    (学生、企業、高齢者(住民))

学生にとってのメリット

  • 今後の観光業界を見据えた、高齢者・要介護者に特化した観光ツアーの企画・実施
  • 高齢者、要介護者とのふれ合い体験
  • 高齢化社会および高齢者と地域との関わりについて考えるきっかけ作り

活動レポート

繋ぐ!広がる!地域の輪!施設高齢者向けツーリズム

サービス付き高齢者向け住宅「洛和ホームライフ音羽」の利用者と京都橘大学の学生が京都市東山区を散策

活動レポート
ページ上部へ