洛和会音羽病院 救急部(救命救急センター・京都ER)
シニアレジデント(後期研修医)募集 

 

当院救急部(救命救急センター・京都ER)の特徴

1)三次救急機関(救命救急センター)

当院は2012(平成24)年3月に三次救急機関(救命救急センター)に指定されました。

原則として「断らない救急」を実践しており、診療範囲は一次から三次まで、内科全般から外科系、小児から高齢者まで、多岐にわたります。

ERフロアは

  • 重症初療室:1床
  • 黄から赤対応のブース ストレッチャー:4床(拡張時8床)
  • ウォークインブース:5床
  • 観察ベッド:5床
  • 隔離室:2床

を有します。

また、救命救急センターとして、

  • ICU:12床
  • 救命救急病棟:28床

を有します。

スタッフは、部長以下、総合内科・外科・脳外科などのサブスペシャリティーをもつ若手で構成されており、総合内科・ICU・感染症科を始めとした各科専門医との良好な連携のもと、初療を行っています。

 

2)北米型ER診療

年間の受け入れ救急車数はおよそ6,000台、ウォークイン患者は26,000人で、救急搬入要請を原則として全て受け入れています(応需率99%)。そのため、経験できる症例や疾患が豊富で、非常にバランスの取れたERです。

当院では、ERに属しながらも、耳鼻科外来喉頭ファイバートレーニング、形成外科手術トレーニングなどを行い、マイナーエマージェンシーへの研さんも積むことができることが特徴です。

研修医の経験症例については、毎日のカンファレンスで振り返りを行っています。

3)ER管理短期入院ベッド

28床の救急病棟は、夜間の入院受け入れと数日の短期治療のベッドとして機能し、その時々に応じて専門医にコンサルトしたうえで、ERで完結するか、一定期間入院加療の必要なケースは専門科に引き継ぎを行っています。2013(平成25)年度は、700人を超える短期入院患者の対応を、平均2.5日の入院期間で行いました。

 

2013(平成25)年度内訳

  • ER経由入院4,221人中772人救急科入院(およそ2割)
  • 当科退院まで完結556人、他科転科216人
  • 平均入院期間:2.5日
  • 入院の内訳(主なもの):
    外傷129人(高エネルギー外傷、四肢骨盤外傷など)
    内科113人(アナフィラキシー、失神、めまい、薬物中毒、熱中症など)
    外科内科境界病変107人(胆石、イレウス、門脈ガスなど)など

 

ER管理短期入院ベッド(Observation unit)は欧米中心に発展してきています。欧米では、あくまでも外来付属機関なので、入院期間は48時間に限定しているようです。日本ではそこまで厳格には時間で切れませんが、近年、整備が進んでいます。

短期間で治療が完結するケースや、重症化のリスクを秘めた症候群の経過観察、夜間・祝日の他科への引き継ぎまでのつなぎ、外科・内科の境界疾患で、ERの時点ではどちらとも判断できないケースの検査、治療のマネージメントなどを担っています。

 

4)ドクターカーによる災害時対応

2014(平成26)年に京都DMATに登録されました。 多数傷病者発生時の対応や、重症外傷で救出まで時間を要するケースなどで、ドクターカーによる医師派遣の整備を進めています。

 

5)各統計

※以下の画像はクリックすると大きいサイズで見ることができます。

 

ERからICU入室患者動向(図1)

 

ER管理入院患者の動向(救急科入院日数内訳、転科先合計と傾向)

 

 

スタッフ・後期研修医の募集について

スタッフとして、一次から三次までの幅広い初療にあたり、ジュニアレジデント、シニアレジデントへの教育にも積極的に関わっていただける方を数人募集いたします。

また、当院で幅広い急性期初療の力を身につけ、救急医や各科専門医として羽ばたいていただける熱意ある後期研修医の方を募集いたします。

 

連絡先

洛和会音羽病院 秘書課

担当: 月岡政司
TEL: 075(593)4111(代)
FAX: 075(581)6935

 

お問い合わせフォーム

※個人情報の取り扱いについて
ご入力いただく個人情報は、当院の研修医募集に関するご連絡や資料送付、またはやむを得ず必要が生じた場合のご連絡以外の目的での使用や、第三者への提供はございません。

 

多数のご応募をお待ちしております

 

前のページに戻る


Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014