洛和会音羽病院 消化器内科・消化器病センター 後期研修医募集 

 

 

後期研修を志望される皆さまへ

消化器内科・消化器病センターは、医療面接と身体所見の把握を基本とし、内視鏡をはじめとした診療機器を駆使して診断と治療を行う専門分野です。当センターでは、すべての疾患を診療する機会があり、チーム全体で診療を行っています。診療内容は、常に最先端の高水準を求めるとともに、何より受療される方の立場を第一に考えるように心掛けています。
消化器を志望し、当院で初期研修から始める方にも、他の施設で初期研修を終了し、当科で後期研修を希望する方にも、当センターでの活動は充実した内容となっています。症例は豊富であり、学会、研究会での発表や論文執筆などにも積極的に参加していただきます。

毎週月曜日 : X線透視・内視鏡画像検討

毎週水曜日 : 症例検討

 

消化器関連学会認定・指導・関連施設

  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本消化器がん検診学会認定指導施設

当院は、上記学会の認定、指導あるいは関連施設として登録されています。
認定内科医などを取得後、当院で一定期間の研修を経験すれば、上記学会専門医の申請資格が取得できます。

 

消化器内視鏡研修の概要

消化器内視鏡研修の概要を以下に示します。

  1. 上部内視鏡検査は、最も施行機会の多い検査です。挿入にあたっては、解剖や手順を踏まえ、数多くの症例を経験します。観察と画像記録のポイントを学習し、また、症例検討による診断能の向上させます。約1年で単独での検査施行が可能になることを目標とします。
  2. 大腸内視鏡検査も施行機会の多い検査です。上部内視鏡と共通した操作法で学習します。しかし、手技は決して容易ではないため、挿入不能例は上級者の手技を観察して指導を受けます。できるだけ数多くの症例の手技を観察し、指導書を参考にしながら研鑽(さん)を重ねます。15分以内の回盲部までの挿入を目標とします。
  3. 超音波内視鏡検査(EUS)は、消化管壁層構造や周辺臓器と対比しながら観察を行う必要があります。恒常性のある明瞭な画像が描出できるように経験を重ねます。
  4. ERCPは側視鏡の十二指腸下行脚までの挿入と直線化、さらに乳頭からの膵管・胆管へのカニュレーションという手技が要求されます。まずスコープの挿入と直線化を習得し、可能となったらカニュレーションを学習します。
  5. 上部消化管出血に対する止血術は緊急処置として必須であり、早期の習得が要求される手技です。症例があれば、時間をいとわず、できるだけ参加して介助を努めた後、上級者が見守る状況で手技を実践します。
  6. 治療内視鏡の手技は、上記の検査手技の習得の後に実践します。積極的に介助を行い、機会があれば上級者の指導のもとに実践します。ただし、単独での施行は検査手技を十分に習得した後とします。

すべての消化器内視鏡手技は、受療者に安心していただけるよう、上級者の指導のもとに行われています。

 

消化器病センター研修の特徴

  1. 消化器管および肝胆膵のあらゆる疾患を経験できます。
  2. 消化器内科と同時に、病理診断科、放射線科も研修します。
  3. 内視鏡をはじめ、全ての検査・治療の手技を、指導医のもとで習得できます。
  4. 救命救急センターがあり、消化器領域の救急疾患症例が豊富です。
  5. 当院での経験の後、さらに連携施設での研修も可能です。

 

2014(平成26)年度 後期研修医の募集

消化器病センターは、消化器内科医をめざす、熱意のある研修医を募集します。当センターの見学も歓迎します。お問い合わせは、洛和会音羽病院 秘書課 月岡まで。
TEL: 075(593)4111(代)

 


前のページに戻る


Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014