洛和会学術支援センター

お問い合わせ

075(593)4117

研究支援

研究支援について

充実した研究支援体制

PCでの自習

医療の質を高めるための臨床研究には、質の高いエビデンスの構築が不可欠です。しかし、多忙な診療業務のなかで研究を行うためには、体系化された研究サポート体制が必要です。

洛和会学術支援センターでは、医師・看護師・技術部門だけでなく、全ての洛和会ヘルスケアシステムの職員に対して、洛和会学術支援アドバイザーによる研究指導を行っています。
支援内容の詳細は以下の通りですが、「研究を始めたいがどうして良いか分からない」といった相談も受け付けております。

図書館棟3階には、文献検索や統計ソフトが入っている端末を設置しているフリースペースがあり、自習などに利用することができます。

支援内容

研究目的に応じた実施戦略、研究デザイン、研究計画書の作成、統計解析、治験審査委員会や倫理委員会への申請準備など、構想段階から計画立案、実施準備におけるさまざまな支援を行います。

  • 論文原稿作成(投稿先の相談・査読後の論文の編集、修正)
  • 研究プロトコール作成支援
  • 学会発表資料の作成相談
  • 統計解析
  • 倫理委員会への申請準備
  • 論文投稿費の費用負担

相談・支援の流れ

STEP1研究開始前
相談、STEP2研究支援申請、STEP3研究計画書の書き方・作成、STEP4倫理審査 申請・許可、STEP5データ収集・分析、STEP6論文の書き方・作成

〒607-8062 京都市山科区音羽珍事町2

075(593)4117(直通)
FAX:075(593)4133