洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

診療予約・お問い合わせ
電話:0758029029
月~金曜日:午前8時30分~午後5時
※土・日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)を除く

足関節・ドルニエ外来

足関節・ドルニエ外来開設のお知らせ
※完全予約制

2020(令和2)年3月1日より、足関節・ドルニエ外来を開始しました。
足関節専門医による足の専門外来です。アスリートのケガから難治性疾患までの足関節疾患に対応します。

写真

足関節専門医による診療

アスリートにおいて競技種目に関係なく足関節は非常に重要です。足をケガすると競技復帰が困難になる場合がありますが、適した診断・治療を行うことで、サポートできる体制を整えています。

難治性スポーツ骨・腱付着部障害に対して体外衝撃波疼痛治療(ESWT)を行います

体外衝撃波疼痛治療(ESWT)は筋、腱、靭帯といった慢性的な障害に対して組織修復を促し、即時的に疼痛を軽減する治療法として近年注目を浴びています。当クリニックでは、以前から体外衝撃波(ドルニエ社製)が設置されていましたが、足の外科専門医が不在であったため体外衝撃波疼痛治療を継続することが困難でした。
今回、アスリートにおける足部骨・腱付着部障害に対応可能な「足関節・ドルニエ外来」を設けることで、治療が困難であった骨・腱付着部障害に対する治療が可能となり、スポーツ障害でお悩みのアスリートを支えます。

受診の流れ

1.診察

矢印

2.検査

矢印

3.治療

必要に応じて、

  • 薬物療法
  • 難治性測定腱膜炎の場合:ドルニエ治療
  • リハビリテーション
  • などを実施します。

主な対応疾患

  • 足関節捻挫
  • アキレス腱炎
  • 中足骨骨折 
  • 足底腱膜炎
  • 外反母趾
  • 前距腓靱帯損傷
  • アキレス腱損傷
  • など

体外衝撃波疼痛治療(ESWT)とは

体外衝撃波疼痛治療(ESWT)とは、「ドルニエEpos Ultra」という専用の治療機器を用いて行う治療方法です。
体外で発生させた衝撃波を患部に照射する治療法であり、腱付着部炎など多くの疼痛性疾患の除痛を目的とした治療に応用されています。
低侵襲で安全かつ有効な治療として使用されており、治療時間は約30分、座位または診察台に横たわる姿勢で行います。

難治性スポーツ骨・腱・靭帯障害に対する体外衝撃波の治療を行うことにより、スポーツ活動への早期復帰が可能となる場合もあります。青少年の難治性スポーツ障害への治療の選択肢を増やすことができると考えています。

「難治性足底筋膜炎」に対しては、保険診療が認められています。

ピル(LEP)イメージ

保険診療

難治性足底腱膜炎

自費診療

アキレス腱炎、リスフラン靭帯損傷、足関節外側靭帯損傷、膝蓋靭帯炎、上腕骨外上顆炎(テニスエルボー)、石灰沈着性腱板炎および腱板炎、大転子部痛、偽関節、疲労骨折、初期の無腐性骨壊死および離断性骨軟骨炎など

費用

1回目22,000円、2回目以降16,500円、3回目以降11,000円(全て税込)
※保険診療を同時にはできません(画像診断や投薬、注射は不可)。

診療日時

第1・3 月曜日 午後
第2土曜日 午前
※祝日・年末年始(12月30日~1月3日)を除く

完全予約制となります。受診される方はお電話でのご予約をお願いいたします。

疾患別治療・リハビリテーション

ページ上部へ