京都感染症フェローシップ・プログラム カリキュラム

I.一般目標(General Instructional Objective: GIO)

初期および後期臨床研修で身に付けた内科的臨床能力を土台とし、感染症専門医として習得すべき感染症全域に渡る基本的知識、診察法、思考分析法、問題解決能力、コンサルテーション能力、コミュニケーション技術、プロフェッショナリズムを習得する。

 

II.行動目標(Specific Behavioral Objectives: SBOs)

感染症専門医に求められる専門的な臨床能力を身につけるために、以下にあげた行動目標を踏まえて研修を行う。

(1)感染症診断学

  1. 感染症を生じる主要な病原微生物の種類、疫学、病原性、発病機序、宿主応答、臨床症候について理解し、説明することができる。
  2. 感染症診断のために必要な各種診断法の種類、特徴、結果の臨床的意義について理解し、説明することができる。また、一部の診断法(グラム染色、チールニールセン染色、KOH直接検鏡など)については、自身で実施することができる。

 

(2)感染症治療学

  1. 抗菌薬の種類、特徴、適応、投与量、体内動態、副作用、薬物相互作用、コストなどについて理解し、説明することができる。
  2. 抗真菌薬の種類、特徴、適応、投与量、体内動態、副作用、薬物相互作用、コストなどについて理解し、説明することができる。
  3. 抗ウイルス薬の種類、特徴、適応、投与量、体内動態、副作用、薬物相互作用、コストなどについて理解し、説明することができる。
  4. 感染症の補助療法について、その種類、特徴、適応、有効性、合併症などについて理解し、説明することができる。

 

(3)感染症予防学

  1. 感染症の予防方法について、その種類、適応、有効性、合併症を理解し、説明、実施することができる。
  2. ワクチンの種類、意義、疾病疫学、適応、投与方法、有効性、合併症、補償制度について理解し、説明することができる。
  3. 感染症専門医として知っておくべき基本的法律を理解し、説明することができる。

 

(4)感染制御・コンサルテーション業務

  1. 院内感染防止のための標準予防策、感染経路別予防策、起炎菌・疾患別予防策を理解し、説明、実施することができる。
  2. 院内サーベイランスの種類、実施方法、結果の解釈方法について理解し、説明、実施することができる。
  3. 感染制御に関する日々の問題点に対して、現状分析を行い、科学的根拠に照らし合わせて解決方法を見いだし、現場を指導できる。
  4. 入院・外来患者の感染症に関する各部門からのコンサルテーションに対して、診察、検査計画立案、検査結果解釈、問題点整理、文献調査を行い、自ら治療計画を立てて治療を行い、患者や相談者の期待に応えるべく、誠実に努力することができる。

 

(5)臨床研修・基礎研修

研修期間中に、感染症に関する3回以上の学会発表と、1編以上の論文執筆を行う。

 

(6)専門医資格の取得

研修終了後は、受験資格が整った段階で、感染症専門医研修中の臨床経験をもとに、日本感染症学会専門医認定試験を受験する。

 

III.方略

(1)研修期間

通常、計3~4年間。各病院を1~2年間ずつローテートする。

 

(2)研修方法

  1. 入院患者の担当医として、診断・治療・他科からのコンサルテーション業務を行う。週1~2回の外来診療を行う。
  2. 感染制御チーム(ICT)の一員として、院内での感染予防策を立案、実行し、啓蒙活動、サーベイランス業務などを行う。
  3. 微生物検査室において、微生物検査の基礎的知識・手技について理解し、臨床的判断に応用する。
  4. 院内外の、各種感染症勉強会に参加、発表する。
  5. 定期的に開催される感染症抄読会、勉強会、症例検討会、「レジデントのための感染症カンファレンス」(京都大学医学部付属病院 感染制御部、洛和会音羽病院、京都市立病院、京都医療センターとの合同カンファレンスで年4回開催)などに積極的に参加し、発言する。
  6. 感染症関連の学会において積極的に発表する。
  7. 感染症関連の雑誌に1編以上の論文を発表する。

 

IV.評価方法

逐次的に指導医による形成的評価を受ける。ローテート修了時には、指導医による口頭試問を受ける。
感染症専門医認定試験の結果を総括的評価とする。

 

 

前のページに戻る

Copyright(c) RAKUWAKAI HEALTHCARE SYSTEM All Rights Reserved2014