このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

平成27年度 洛和会丸太町病院 病院指標

⇒医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

 

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 151 166 118 185 309 688 935 1050 407
全体で見ると、高齢化の影響で60歳以上の患者さまの頻度が多く、全体の77%を占めています。年齢別に傷病の頻度を見ると、10歳代・20歳代では患者数は少ないものの、外傷や筋骨格の疾患が多く、30歳代・40歳代では外傷や消化器疾患などが多いです。50歳代からは循環器の疾患が多くなり、60歳代では呼吸器・腎疾患がこれに加わります。70歳代もほぼ同じ傾向ですが、筋骨格の疾患が増えます。80歳代以上の高齢になると呼吸器の疾患が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 160 21.65 22.47 0.90% 86
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 122 15.17 12.95 0.12% 82
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 手術・処置等2なし 95 11.58 15.16 0.15% 79
内科では誤嚥性肺炎の患者さまが最も多くなっております。特に高齢の患者さまが多く、重症化しやすいため、3週間以上の入院となることが多いです。
2番目は尿路感染症、3番目は肺炎です。内科については、全体的に高齢の方(80歳以上)が多い状況です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患、経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術等2なし 205 3.34 5.04 0.05% 71
060140xx97x00x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 137 2.28 3.09 0% 71
060210xx9910xx 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 6.75 6.3 0.22% 74
循環器内科で最も多い症例は、心臓カテーテル治療のための入院となり、全国的に見ても短い約3日間の入院日数となります。2番目に多いのは、狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院です。3番目に症例数が多いのは動脈塞栓症となっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 10.69 11.73 0.02% 79
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 8.18 11.62 0% 73
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 13.29 14.07 0.02% 77
消化器内科で最も多い症例は、胆管結石と胆管炎です。胆石や胆管炎といった胆道疾患が挙げられます。胆石で胆管が詰まって炎症を起こすなどが典型的な症例で、胆管をチューブで広げる、胆石を除去する、膿瘍を取り除くなどの治療が、内視鏡を用いてもしくは経皮的に行われ、入院期間は比較的短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 24 4.63 5.67 0% 39
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除 又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 23 13.48 18.58 0% 74
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 14 6.14 7.28 0% 56
外科は虫垂炎が最も多く、次いで結腸がんも同程度の件数です。全国的に増加している結腸がんは当院でも、症例数・手術件数ともに増加しております。3番目の症例数の胆嚢炎と胆嚢結石に対しても、積極的に腹腔鏡下手術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 135 21.75 30.28 1.79% 81
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 82 19.68 29.02 0.20% 75
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 66 3.44 6.07 0% 57
整形外科では、股関節や膝関節を手術する目的で入院される患者さまが最も多くなっています。高齢の患者さまの多くが手術後すぐにリハビリ治療を行い、リハビリを専門とする病院に転院、もしくは自宅に帰られています。全体的に平均在院日数は短く、3週間程度で退院されています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり 41 4.54 9.74 0% 62
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 3.84 7.95 0% 77
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 6.01 - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

泌尿器科で、1番多いのは間質性膀胱炎の患者さまです。間質性膀胱炎とは、頻尿、膀胱痛、尿意切迫感を主訴とする原因不明の難治性膀胱の炎症性疾患です。海外と比べると、日本国内の間質性膀胱炎の認知度はいまだに低く、診断されないまま長く苦しんでおられる患者さまが少なくない状況です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 18 6.61 8.21 0% 23
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 10 3.9 5.43 0% 49
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.9 - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

耳鼻咽喉科で最も多い症例は慢性扁桃炎で、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行います。患者さまの平均年齢は23歳ほどとなっており、比較的若年層に多い疾患を手掛けており、そのほかの症例についても、幼少から高齢の患者さままで幅広く診ています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - - 1 第7版
大腸癌 14 - 10 10 - 24 1 第7版
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -

※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※9件以下の症例は-で表示しております。

当院でのがん症例を病期分類で見た場合、初期がん(Stage I~II)の症例が半分程度です。胃がん・大腸がんに対する手術では積極的に腹腔鏡下手術を行い、なるべく体に負担がかからないように心掛けています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度0 15 8.1 57.7
重症度1 39 11.2 80.1
重症度2 26 13.7 87.0
重症度3 - - -
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

患者数が最も多いのは重症度1の患者さまです。平均年齢を見ると、重症度1以上は80歳以上と高齢になっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることが分かります。平均在院日数を見ても、当然ながら重症ほど長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 66 19.3 78.8 38%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患、詳細不明 - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

脳梗塞入院は、発症して早期に入院となる発症3日以内の急性期脳梗塞がほとんどです。患者さまの平均年齢は79歳で、高齢の方が多いです。38%ほどの患者さまが自宅に帰られるもしくは施設・後方支援病院に転院などをされています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 91 2.9 16.7 48% 79.3
K0821 人工関節置換術(膝) 82 2.0 15.9 11% 70.4
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 椎弓形成 79 2.1 12.6 6% 70.4
整形外科では大腿骨骨折観血的手術が最多で、これは骨折部位の骨接合を行う手術とです。次いで人工関節(膝)の手術です。3番目は頸椎症性脊髄症(3つ以上の椎間で狭窄がある場合)、後縦靭帯骨化症、頸椎ヘルニア(発育性脊柱管狭窄症を伴う場合)、脊髄腫瘍などの手術が多いです。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 202 1.1 2.7 1% 72.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 93 1.3 4.6 15% 74.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 33 0.2 1.2 0% 68.2
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっております。
超高齢化および昨今の糖尿病を中心とする生活習慣病の増加に伴い、増加している全身の動脈硬化性疾患には、カテーテルを用いた診断・インターベンション治療を実施しています。非侵襲的検査(エコーやマルチスライスCTなど)で即日に診断を行うことをモットーとしており、24時間365日、心臓カテーテルおよび循環器救急の受け入れが可能です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 109 0.1 1.2 0% 70.0
K654 内視鏡的消化管止血術 26 0.7 8.1 0% 74.4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 2.5 11.9 8% 82.0
消化器内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例数が多くなっています。ポリペクトミー目的の2泊3日入院が典型的な症例です。消化器内科で最も多く施行されている手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 25 0.6 3.1 0% 38.7
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 3.7 6.3 0% 66.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 2.7 10.3 0% 74.4
外科では、腹腔鏡下での手術を主に実施しています。2016(平成28)年1月1日付けで、日本内視鏡外科学会技術認定(消化器・一般外科)を取得しました。
[審査対象手技:腹腔鏡下S状結腸切除術]
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 口蓋扁桃手術 摘出 17 0.2 5.6 0% 24.0
K339 粘膜下下鼻甲介骨切除術 - - - - -
K319 鼓室形成手術 - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

耳鼻咽喉科で最も多い手術は口蓋扁桃手術です。患者さまの平均年齢は24歳です。幼少から高齢の患者まで幅広く手術を実施しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K800-2 経尿道的電気凝固術 40 1.4 2.3 0% 63.1
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 26 0.4 2.2 0% 76.9
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

泌尿器科では、経尿道的手術を主に実施しています。手術時間が短いことや入院期間が短期間に済むことなどのメリットもあり、有用な術式です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 43 1.07%
異なる - -

※9件以下の症例は-で表示しております。

手術・処置などの合併症は、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一の症例でした。つまり、手術・処置などの合併症で入院され、治療を受ける入院患者さまが多いということです。
当院においては、合併症を起こさないように各科で最大限の注意を払っていますが、手術や処置においては一定の割合で合併症は生じます。そのため、手術や処置を施行する前に十分に患者さまにご説明して、可能性のある合併症についてご理解いただくようにしています。
更新履歴
2016.09.29
第1版更新

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ