創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

当院について

令和元年度 洛和会丸太町病院 病院指標

⇒医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 97 163 74 161 329 533 1048 1128 606

当院の入院の半数以上は緊急入院です。10代は主にスポーツなどによる外傷が多いです。
20・30代は救急搬入からの急性アルコール中毒やアナフィラキシーショック・急性虫垂炎・気胸で入院と、10代と同様に外傷での入院が大半を占めます。
50代からは大腸ポリープ・心疾患での入院が増えます。60・70代の約3分の1は整形外科での入院症例です。70・80代の約4分の1は循環器内科での入院です。80・90代の約半数は内科での入院症例です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 167 15.83 20.84 16.17% 89.24
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 127 11.66 12.58 2.36% 86.26
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 54 1.22 2.84 0.00% 29.02
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 51 10.82 17.71 5.88% 87.12
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 31 7.81 9.96 6.45% 78.65

内科では内科領域全般の疾患に対して、診療を行っています。
救急受診からの入院が大多数を占めています。入院後は可能な限りリハビリテーションを早期導入し、運動機能の低下の予防に努めています。自宅や施設へスムーズに退院できるように、専門の相談員が支援します。
1位・2位は高齢者に多い、誤嚥性肺炎・急性腎盂腎炎となっています。
3位は若い方に多い急性アルコール中毒の経過観察入院です。その他若い方は、気胸や腸炎などで入院されています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 75 2.08 2.63 0.00% 66.73
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 42 10.50 9.79 11.90% 78.81
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 19 8.89 8.27 0.00% 76.32
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 12 11.08 13.70 16.67% 73.08
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 12 7.75 7.65 0.00% 78.92

消化器内科は、内視鏡治療を中心として診療を行っています。
1位は大腸ポリープに対する内視鏡的治療です。
2位は胆管炎に対して、閉塞した胆管の胆汁などを十二指腸に逃がすために行う内視鏡的胆道ステント留置術や胆管結石に対して結石を砕いたりする処置を行っています。3位は胃がんに対するESD(内視鏡による粘膜切除術治療)を行っている症例です。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 144 3.00 4.40 0.69% 71.90
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 96 2.08 3.01 1.04% 71.89
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 27 4.07 5.34 3.70% 76.93
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 9.60 10.80 0.00% 79.00
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 14.80 17.71 4.00% 82.88

循環器内科では、カテーテルによる検査・治療を行っています。
1位は狭心症に対する心臓カテーテル治療、2位は狭心症などのカテーテル検査目的の入院です。
3位は下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療での入院です。
いずれも予定入院が多く、全国平均と比較しても当院の在院日数は短くなっています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 37 6.24 4.85 2.70% 74.57
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 5.50 6.37 0.00% 63.00
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 5.00 5.45 0.00% 29.79
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 16 14.06 15.02 6.25% 72.38
060035xx01001x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病あり - - 22.75 - -

※9件以下の症例は-で表示しております

外科では、消化器領域を中心に診療を行っています。
1位の鼠径ヘルニアは当院の平均年齢が高いため、全国平均在院日数より長い傾向にあります。
2位の胆嚢結石・3位の虫垂炎の多くは予定入院で外来にて術前検査を行った後入院するため、平均在院日数が短縮する傾向にあります。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 206 21.55 25.94 60.68% 84.45
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 108 12.34 23.56 0.93% 75.81
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 88 16.95 17.74 1.14% 63.75
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 83 12.78 21.53 3.61% 67.57
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 74 11.03 16.54 0.00% 69.24

整形外科では脊椎疾患、膝・股関節疾患、スポーツ整形(肘・肩・膝)の診療を行っています。
術後早期にリハビリテーションを導入し、早期退院を目指しています。平均在院日数も全国平均に比べて短くなっています。
1位の大腿骨頚部骨折は高齢の方に多く、転院してリハビリテーションを継続されるため、転院率が高い傾向にあります。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1-あり 11 2.00 2.03 0.00% 57.55
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 8.93 - -
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - 7.76 - -
130120xxxxx00x 血液疾患(その他) 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 10.36 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.45 - -

※9件以下の症例は-で表示しております

耳鼻咽喉科1位の睡眠時無呼吸症候群は1泊2日検査入院です。夕方入院し翌朝には退院することができます。
2位の突発性難聴は外来での治療も可能ですが、症状が強い場合など入院にて治療を行います。
外来では急性咽頭炎、喉頭炎、副鼻腔炎、中耳炎などの感染症から、メニエール病やアレルギー性鼻炎といった慢性の疾患、睡眠時無呼吸症候群など幅広く診断・治療を行っています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 84 4.49 5.58 0.00% 66.21
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし - - 7.25 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.33 - -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし - - 5.61 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし - - 7.07 - -

※9件以下の症例は-で表示しております

泌尿器科で一番多いのは、間質性膀胱炎です。間質性膀胱炎とは、頻尿、膀胱痛、尿意切迫感を主訴とする原因不明の難治性膀胱の炎症性疾患です。海外と比べると、日本国内の間質性膀胱炎の認知度はいまだに低く、診断されないまま長く苦しんでいる場合が少なくない状況です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 - - - - 18 11 1 第8版
大腸癌 - - 15 - 13 - 1 第8版
乳癌 - - - - - - 1 第8版
肺癌 - - - - - - 1 第8版
肝癌 - - - - - - 1 第8版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※9件以下の症例は-で表示しております

ステージⅠの胃癌・大腸癌は消化器内科にて内視鏡的治療を行います。
大腸癌のステージⅢでは外科にて外科的治療を行っています。(大腸癌の詳細な部位は結腸~直腸の範囲です。)
胃癌・大腸癌の病期不明の症例は内科入院で偶発的に発見され、積極的治療を希望されなかった高齢の方がほとんどを占めます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 59 10.37 85.90
重症 13 9.77 85.85
超重症 - - -
不明 - - -

※9件以下の症例は-で表示しております

当院に入院される市中肺炎の方は6割が中等症の方となっています。
年齢が高い方、間質性肺炎や喘息など呼吸器疾患を患っている方は重症化しやすい傾向となっています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 40 19.45 83.60 52.50%

緊急入院で内科にて入院の経過を診察しています。
入院後は機能回復・維持のため早期にリハビリテーションを開始します。
転院してリハビリテーションを継続される方が多く、平均年齢は高くなっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 1.46 10.58 4.17% 82.04
K654 内視鏡的消化管止血術 18 4.78 12.33 27.78% 79.06
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております

当院は内科での入院中でも必要な場合は他の専門的な診療科へ依頼して手術を実施しています。
1位の経尿道的尿管ステント留置術は結石性腎盂腎炎などに対して泌尿器科医師が実施します。
2位の内視鏡的消化管止血術は出血性胃潰瘍などに対して消化器内科医師が実施します。
術後落ち着き、他の疾患もある場合は、内科にて総合的に経過を診ています。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 77 0.06 1.03 0.00% 66.62
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 33 1.42 15.52 12.12% 83.00
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 17 1.18 6.94 0.00% 79.06
K654 内視鏡的消化管止血術 16 0.75 13.13 6.25% 74.81
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 10 0.10 1.00 0.00% 73.80

消化器内科では、大腸内視鏡カメラを用いた内視鏡的ポリープ切除術を多く実施しています。
外来でも実施可能ですが、ポリープの数が多い・大きいなどの理由から入院での経過観察が必要と判断された場合のみ、1泊2日の入院にて経過を診ています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 147 0.05 2.62 29.25% 71.95
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 123 1.08 3.85 1.63% 73.17
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 57 0.91 4.32 15.79% 75.26
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 25 0.00 12.44 0.00% 74.32
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 24 0.75 2.67 0.00% 70.17

循環器内科ではカテーテルによる手術を行っています。
1位のシャント拡張術・血栓除去術は、透析に必要なシャントの閉塞・狭窄に対して行っています。
経皮的冠動脈ステント留置術・経皮的冠動脈形成術は、手首や足の付け根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、風船やステント(網状の金属製筒)などを使って狭くなったり詰まったりしている冠動脈を広げる治療法で、狭心症や急性心筋梗塞に対して行います。
平均術前日数が0~1日で予定・緊急入院共に入院当日の手術がほとんどです。
カテーテルによる手術は術後日数も短いです。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 3.59 3.81 3.70% 64.56
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 1.00 2.76 0.00% 71.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 19 1.16 2.84 0.00% 29.79
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 3.84 13.26 5.26% 72.95
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 16 2.13 5.06 6.25% 78.50

当院外科の2019年度手術件数は、204件でした。
消化器疾患に対する外科的手術は腹腔鏡が多くなっており、当院では約65%が腹腔鏡下での手術となっています。
上位4位までが腹腔鏡を使用した手術となっています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 219 1.30 11.00 2.74% 72.32
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 139 3.16 15.70 52.52% 82.99
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 112 1.21 9.63 7.14% 68.57
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 84 4.11 17.25 69.05% 85.01
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 71 1.54 14.93 9.86% 71.08

当院整形外科の2019年度手術件数は、1,335件でした。
人工関節置換では切開が少ない最小侵襲の手術を心掛け、早期退院を目指しています。
頚椎・胸椎・腰椎症例に対しては、内視鏡下や顕微鏡下で、背中の筋肉や骨をできるだけ温存した低侵襲な手術を行っています。
大腿骨頚部骨折に対する骨折観血的手術や股関節の人工骨頭挿入術は平均年齢80歳以上とご高齢であり、転院しリハビリテーションを継続される方が多いです。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております

当院耳鼻咽喉科の入院での手術症例は少ないです。
外来では、咽頭異物摘出術・鼓膜切開術・鼻腔粘膜焼灼術などを実施しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K800-2 経尿道的電気凝固術 72 0.90 2.36 0.0% 66.24
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 14 0.71 2.50 0.0% 76.00
K800-3 膀胱水圧拡張術 13 0.46 2.62 0.0% 76.00
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 - - - - -
K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他のもの - - - - -

※9件以下の症例は-で表示しております

当院泌尿器科の2019年度手術件数は、182件でした。予定入院が多く、入院当日または翌日に手術することが多いです。経尿道的電気凝固術は間質性膀胱炎に対して行われています。電気やレーザーで焼灼凝固します。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 167 4.03%
異なる - -

※9件以下の症例は-で表示しております

手術・処置の合併症の病名はシャント狭窄・機能低下が156件あり、グループ病院からの入院が多いです。
その他、術後創部感染が6件、カテーテル関連尿路感染症が2件となっています。

更新履歴

2020.09.30
令和元年度 第1版更新
2019.09.30
平成30年度 第1版更新
2018.09.29
平成29年度 第1版更新
2017.09.30
平成28年度 第1版更新
2016.09.29
平成27年度 第1版更新

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



トモニンエルボシ

  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル