創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

医療関係者の方へ

医療介護サービスセンターのご紹介

地域連携課

地域連携課では、地域の病院や開業医の先生方からのご要望に対し、「迅速・丁寧・親切」をモットーに医療連携を行っています。現在、渉外担当者については、エリア担当制を導入して、開業医の先生方と「顔の見える連携」を目指して日々渉外活動を行っています。
そのほかの業務としては、医療機関さまからのご紹介の窓口や紹介状の管理、医療機関さまからのさまざまなご要望に対応しております。
また、1階総合受付内に「紹介患者さま相談窓口」を設置しております。月曜日から金曜日までの午前中は地域連携課スタッフが1人常駐し、ご紹介患者さんの受け付けを行っています。

地域連携課

入退院支援相談室

入退院支援相談室では、病棟ごとに担当する医療ソーシャルワーカー(MSW:Medical Social Worker)配置しています。2017年度から退院支援看護師も加わり、6人体制で入院患者さんが直面される入院から退院後の生活についての不安や、そのほかの療養生活における問題などについて相談を承っています。
ご紹介の段階で、各種制度を用いての調整を要すると予想される患者さんについては、入院の時点でその旨を添えていただければ、可能な限り早期に対応をいたします。

洛和会丸太町病院 入退院支援相談室(医療福祉関係者様専用)

TEL:075(801)0376 FAX:075(801)0364

受付時間
月~土:午前8時30分~午後5時

相談業務とは

入退院支援相談室では、介護保険や障害者総合支援法などを中心に施設の紹介や手続きの代行といった調整を行い、安心して退院していただけるよう取り組んでいます。公的な福祉制度は、介護保険一つとってみても、手続きや制度自体がわかりにくいところもありますので、少しでもご不明な点を残さないような説明を心掛けています。実際の調整に当たっては、医師、看護師、リハビリテーションスタッフといった院内の職員との連携はもちろん、ケアマネジャーや行政など院外の関係機関とも信頼関係が深められるよう業務を行っています。

サポート体制の構築を目指して

今後も、患者さんの退院や療養生活に対する不安に耳を傾け、病院内外のスタッ フ間で連携を深めることで、安心して退院できるサポート体制を構築できるよう、努力していきます。入院時から療養生活や退院後の生活に伴う、さまざまなご不安を抱え込まれることのないよう、お気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

所属医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー
写真左から、岩木 友加・奥島 栞・加藤 美咲・浅見 琢也・中野 匡徳

医療ソーシャルワーカーとは

病気やけがで、今までの生活を継続することが難しくなった患者さんやご家族に、今後も安心で安全な生活が継続できるように援助する専門職です。社会福祉の立場から、患者さんやご家族が抱える心理的、社会的な問題の解決、調整を行います。

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



トモニンエルボシ

  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル