お電話

メニュー

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する情報

当院の新型コロナウイルス感染症対策

洛和会東寺南病院では、患者さん、来院者、職員の安心安全の確保、感染拡大防止に努めています。

ご来院の方へ

当院では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、以下の対策を行っています。
患者さん、ご家族の皆さんにはご不便をお掛けいたしますが、全職員一丸となって感染防止に努めておりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

受付に透明の保護シートを設置

受付前に透明の保護シートを設置。ソーシャル・ディスタンスを保ち、飛沫感染を防止しています。

手指消毒

来院される方は、マスクを着用していただき、入口のアルコール消毒液にて手指消毒をお願いします。

接待エリアを密集した空間にならないように

当院の受付待合では、間隔を空けて座ってもらうよう、張り紙などで呼び掛け、患者さん同士が密にならないよう工夫しています。

施設消毒

電子カルテのキーボード・モニター・ナースコール・呼吸器など機器類の清拭を行い、標準感染予防に対する知識・情報の共有に努めるなど、一人一人が日々高い意識を持って業務に取り組んでいます。

患者さん・ご家族・お見舞いの方へ

面会禁止・面会制限

新型コロナウイルス感染症対策として、面会を禁止しています。

外出・外泊制限

入院患者さんの外出・外泊制限を行っています。ご理解とご協力をお願いいたします。

定期的な換気

換気については、感染拡大防止策として重要視しており、各階の看護師が窓を一定時間ごとに開け、換気を行っております。
待合においては、空調設備により施設基準以上の空気を循環させています。

職員の感染対策

職員への啓蒙・感染対策の実施

  • 職員(任意)に、定期的にPCR検査を実施しています。
  • 職員は就業前の健康確認が義務化されており、体調不良がある場合の出勤は禁止しています。
  • マスクの着用や頻回な手洗いと手指消毒、室内の定期的な換気、ソーシャル・ディスタンスなどを徹底しています。
  • 業務内容に応じ、アイシールド・フェイスシールド、エプロン・ガウン、手袋など感染防護具を使用しています。
  • 休憩時間はできる限り分散し、食事の際にはお互いに距離をとり、私語は控えるようにしています。
  • 不要不急の外出・会合出席を禁止しています。
  • 会議などはICTを活用して、取引先などの外部業者の来院・対面も最小限にとどめています。
  • 職員への感染対策教育を実施し、随時レクチャーやメール、ポスター掲示などによる情報共有を行っています。

方針策定

  • 定期的な新型コロナウイルス対策会議の実施
  • 感染防止マニュアル・指針の作成
  • 早期発見のための診療指針の作成
  • 行政や地域医師会との情報共有・連携

〒601-8441
京都市南区西九条南田町1



トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業


株式会社トランスポート 京都救急患者搬送サービス 介護用品レンタル