お電話

メニュー

医療関係者の方へ

在宅医療支援センター

おうちでの暮らしを見守る

在宅医療支援センターでは、ご自宅(サービス付き高齢者向け住宅を含む)にお住まいで、病院に通院できない方を対象とした、在宅医療を行っています。

これからの社会に求められる「在宅医療」

国の医療政策として、病院で医療を受けた後は、ご自宅に戻り、地域のなかで必要に応じて医療・介護サービスを受けながら暮らすこと「地域包括ケアシステム」が推奨されています。
そこで当院では、病院やかかりつけ医などに行くことができない方を対象に、医師や看護師がご自宅(サービス付き高齢者向け住宅を含む)へお伺いし、患者さんの健康状態の確認や医療的処置、看取りなどを行っています。
ご自宅での医師による訪問診療だけでなく、訪問看護師やヘルパーなどの介護保険を使った介護サービスを利用されている方も多く、患者さん一人一人の状態に合わせて、地域の医療・介護の間で連携しながら複合的なサービスを行っています。最期までご自宅で暮らしたいという方も多く、そのような方の医療ニーズにも応えています。

地域包括ケアシステムでの在宅復帰の流れ
地域包括ケアシステム

当院が行う「在宅医療」サポート

当院は急病やけがで手術などの治療を受けた後、ご自宅に戻られる前にリハビリテーションを行う病院です。ご自宅へ帰られた後も訪問診療や訪問リハビリテーションなどの在宅医療を提供し、在宅での療養を支えています。

24時間365日受付の自宅訪問

定期的なご自宅での診療だけではなく、看取りにも対応いたします。

介護付有料老人ホーム・グループホームにも訪問

ご自宅(サービス付き高齢者向け住宅を含む)以外にも、介護付有料老人ホームやグループホームにもお伺いします。

在宅から病院への入院対応

当院の地域包括ケア病棟にて、必要に応じて入院を受け入れています。

訪問診療導入の一例

在宅医療

当院を退院されるとき

医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、理学療法士など当院のスタッフに加え、在宅介護の専門家である当会の介護職も交え、患者さんの在宅復帰に向け必要な医療・介護の方向性を決めます。そこで在宅医療の要不要が判定されます。

導入時カンファレンス

ご本人・ご家族のご希望のサービスをお聞きして在宅医療の契約を結びます。

お問い合わせ

洛和会音羽リハビリテーション病院 在宅医療支援センター

TEL:075(581)6221(代)
月~土曜日 午前8時30分~午後5時15分 ※祝日、年末年始(12月30日~1月3日)を除く

初めてご利用される方へ

かかりつけ医やケアマネジャーを介して当院にお問い合わせください。当院外来を受診されてから在宅医療の必要を判断します。

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32−1



トモニンエルボシ

  • 075(581)6221
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後1時~午後4時※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル