創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

栄養管理室

栄養管理室では、入院中の患者さんに栄養面はもちろん、衛生面にも考慮し、安心いただける食事提供を心掛け、快適な入院生活を送れるよう努めています。
また他職種と協力し、患者さんの治療を食事の面からサポートしています。病状に合わせた食事を基本とし、アレルギーや形態など個人に合わせて対応しています。

所属長

主席課長
佐々木 由美(ささき ゆみ)


スタッフ紹介(2020年4月現在)

管理栄養士:1人

業務内容

栄養管理

医師の指示のもと、栄養指導や入院患者さんの栄養管理を行っています。個人に応じた疾患のほか、食物アレルギーや嚥下障害など、患者さん個々の状態に合わせた食事の提供を行い、食欲不振による低栄養を見直すため食事形態や栄養補給方法を検討しています。

栄養管理計画書

入院時に栄養状態の評価を行い、患者さんに合わせた必要栄養量の算出・適切な食事の選択・栄養指導の必要性についての提案を行っています。この栄養管理計画書に基づき患者さん一人一人の栄養管理に取り組んでいます。

栄養指導について

食生活の見直しを必要とする患者さんには個別に栄養指導を行っています。一方的なお伝えにならないよう患者さんのできることを相談しながら提案していきます。

食事について

食事は入院中の楽しみでもあることから、旬の食材を積極的に取り入れ、月に1回~3回は行事食を提供しカードも付け楽しんで食べていただけるよう工夫しています。食事は朝は午前7時、昼は午前11時30分、夕方は午後6時を基本とし、温冷配膳車を用いて患者さんのもとに温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態で提供しています。
さらに、管理栄養士がベッドサイドを訪問してアレルギーの対応や食欲不振時には形態や栄養補助食品について提案しています。

〒601-8441
京都市南区西九条南田町1



トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業


介護タクシー

介護用品レンタル