このページの先頭

洛和会東寺南病院

交通アクセス

消化器センター

 

消化器センターでは、胃や大腸などの消化器がんの診断と治療と共に、予防にも力を注いでいます。特に、健診センターと一体となって、人間ドックの検査にも力を入れており、がん発生の予防や早期がんの診断に貢献しています。また、可能な限り即日対応できるよう、患者さまの便宜を図っています。

スタッフ紹介

名誉院長
齋藤 信雄(さいとう のぶを)

 

専門領域

消化器外科

専門医認定・資格など

日本消化器病学会専門医
日本外科学会認定医
消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
日本消化器病学会指導医

 

消化器センターでの検査と処置

内視鏡検査

消化器とは食物の消化や吸収に関係する臓器で、食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓などのことです。放射線検査(レントゲン検査やCTなど)では、わかりにくい消化器、特に消化管(胃や腸など)をファイバースコープという器械を使って内側から観察して、検査や治療を行います。

 

上部消化管内視鏡検査

一般に「胃カメラ」とも呼ばれている検査で、通常は口腔・食道・胃・十二指腸までを検査します。がんや潰瘍、炎症、静脈瘤などの診断をする検査で、口から(経口)の内視鏡だけではなく、鼻から入れる(経鼻)検査も行っており、苦痛を軽減する事が可能になっています。組織検査(生検)やピロリ菌の検査も同時に可能で、早期がんやポリープを切除するような治療も可能です。
腹痛や吐血・下血、貧血、体重減少などの症状があるときに行いますが、特に症状がなくても、定期的な検査が望まれます。
検査前には、最低5・6時間の絶飲食が必要です。

◆ 処置
  • 組織検査(生検)
  • ピロリ菌検査
  • 胃粘膜切除術(がんなどに対して)
  • 止血術
  • ポリペクトミー(ポリープ切除術)

 

下部消化管内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、肛門からファイバースコープを入れて、直腸から盲腸までの大腸を観察する検査です。大腸のがんやポリープ炎症の有無を調べます。組織検査(生検)や、早期がん・ポリープを切除する治療も可能です。腹痛や便通異常、下血、体重減少、貧血などの症状があるときに行う検査ですが、症状がなくても、便潜血反応陽性のとき(便の中に目に見えない血液が混じっている状態)には、必ずこの検査が必要です。

事前に腸の中をきれいにしておく処置が必要になりますが、直腸をS状結腸のみを観察する場合(S状結腸ファイバー)は、簡単な準備で検査を行うことができます 。

◆ 処置
  • 組織検査(生検)
  • 止血術
  • ポリペクトミー(ポリープ切除術)
  • 大腸粘膜切除術(がんなどに対して)

 

サイトマップ

交通アクセスマップ

〒601-8441
京都市南区西九条南田町1
TEL:075(672)7500(代)
FAX:075(661)9237

詳しくはこちら

ページトップ