このページの先頭

洛和会音羽リハビリテーション病院

交通アクセス

回復期リハビリテーション病棟について

回復期とは

回復期とは、病気やけがの状態が安定し、機能回復や能力改善を積極的に行える時期です。
患者さまの残存機能を最大限に生かし、生活機能を拡大することでその人らしい生活を再構築できるよう、充実したチームリハビリときめ細やかな退院支援・調整を行っています。

回復期リハビリテーション病棟とは

リハビリテーション専門の病棟として、多くの専門職が関わる病棟です。発症後あるいは術後数週間~数カ月が回復期といわれ、この期間に集中的訓練を行って、早期の家庭復帰、社会復帰をめざします。

医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー (相談員)などが、患者さま、ご家族さまと十分話し合いをさせていただいたうえで作成する計画に基づいて、一人ひとりの患者さまに適したリハビリテーションを行います。

退院後も安心して過ごせるよう、患者さま、ご家族さまのご要望や、必要に応じて、リハビリテーションスタッフによる自宅訪問や、介護保険の手続き、介護用品、介護サービスのアドバイスも行っております。

入院から退院まで(イメージ)

入院相談

↓

入院

↓

ゴール設定

○患者さま、ご家族の意向確認
○課題の抽出
○状態の把握

↓

リハビリテーションの実施

○リハビリテーションの目標

↓

退院の準備

↓

退院(在宅・転院・施設入所)

○外泊・外出訓練
○栄養士による栄養指導
○家屋評価(退院前カンファレンス)
○在宅サービス担当者との情報共有
○医療機関との地域連携

どんな人が入院できるのか

回復期リハビリテーション病棟入院対象の疾患と発症からの期間は、以下のように定められています。

疾患 発症からの期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷、義肢装着訓練 2カ月以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節または2肢以上の多発骨折 2カ月以内
外科手術または肺炎などの治療時の安静による廃用症候群 2カ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷

1カ月以内

※詳しくは当院の医療介護サービスセンターTEL:075(581)6868(直通)にお問い合わせください。

実績(平成29年度上半期データ)

回復期リハビリテーション病棟 100床
新規入院患者における重傷者の割合患者1人1日あたりのリハビリテーション数(1単位=20分)
平均在院日数(入院から退院までの日数)在宅復帰率(退院されて生活を行う率)
FIM回復度
対象患者:2017年4月以降に入棟し、当該月に退棟した患者(診療報酬提要に基づく)
対象期間
(退院患者のみ)
4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度
①退棟時FIM(運動項目)から入棟時FIM(運動項目)を
控除したもの(総計)
1044 852 957 702 982 971
②各患者の入棟から退棟までの日数を当該患者の
入棟時の状態に応じた算定日数で除したもの(総計)
27.81 19.56 27.59 15.67 21.21 24.20
① ÷ ② 37.54 43.55 34.69 44.80 46.29 40.13

お問い合わせ先

洛和会音羽リハビリテーション病院 医療介護サービスセンター

TEL:075(581)6868(直通)

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32-1
075(581)6221(代)

詳しくはこちら

ページトップ