出産について

里帰り出産

「出産は実家で」とお考えの方。当院であなたの出産を全力でサポートいたします。
ご実家が山科区の方はもちろん、東山区や伏見区、大津市の方も当院で出産されています。

まずは、可能であれば妊娠20週ごろまでに一度ご来院ください。
ご来院が難しい方は、下記電話番号までご相談ください。

初診時の持ち物

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 紹介状
    ※今まで通院していた病院から紹介状をもらってください。

※その他ご不明な点がございましたら、お電話でお問い合わせください。

里帰り出産のスケジュールの目安

~15週ごろ 受診している病院・医院に里帰り出産をすることをお伝えください。
16~20週ごろ 可能であれば妊娠20週ごろまでに一度ご来院ください。母児の状態を確認いたします。逆子などの特別な事情がある場合には、より早い時期にご来院をお願いします。
受診している病院・医院で紹介状を用意してもらい、ご来院時に持参してください。
※受診時はご予約をお願いいたします。
診療案内
21~31週ごろ 里帰り出産の準備をしましょう。
産後に実家から自宅へ戻るときに備えて、自宅に赤ちゃんを迎える環境を整えたり、産前・産後に役所や会社に提出する書類を確認しておきましょう。
32~34週ごろ この時期に実家に里帰りする方が多いようです。
入院時に同意書などへの押印が必要ですので、印鑑を忘れないようお気をつけください。
※飛行機を利用される場合、多くの航空会社は36週ごろから搭乗に医師の同意書が必要になりますので、早めにご利用の航空会社の決まりをご確認されることをおすすめします。
34週ごろ 後期母親学級にご参加ください。
教室・アクティビティー
35~39週ごろ ご実家に赤ちゃんを迎える環境を整えましょう。
経過が順調な方は、適度な運動も心掛けてください。
35週までは2週間に1回、36週以降は1週間に1回、妊婦健診にお越しください。
妊婦健診
40週ごろ
入院・出産
入院について
設備について
出産~産後5日ごろ 入院中のスケジュール
ご家族に協力してもらい、早めに「出生届」「健康保険」「児童手当」「乳幼児医療費助成金」などの手続きをしましょう。
※「出生届」は京都市内の役所でも出すことができますが、「児童手当」「乳幼児医療費助成金」はお住まいの自治体での手続きが必要です。
産後6日ごろ 退院(体調などにより入院期間は異なります)
費用について
産後4週ごろ 赤ちゃんと一緒に産後1カ月健診にお越しください。
赤ちゃんやお母さんの授乳の様子などをお伺いします。
ママのための助産外来

宿泊先のご案内 ~ご家族の滞在先として~

院内宿泊施設

ミニキッチンやユニットバスなどを完備した院内宿泊施設「ひまわりはうす」を設けています。(有料:5室)
慢性疾患で長期入院されるお子さまのご家族のための施設ですので、小児慢性疾患児のご家族のご利用を優先させていただきますが、空き部屋がある場合は小児以外の患者さまのご家族にもご利用いただけます。

ひまわりはうすのご案内

近隣宿泊先

  • 山科駅周辺:ブライトンシティ京都山科(当院から巡回バスで10分、日・祝運休)
  • 京都駅周辺:多数の宿泊施設がございます(JR山科駅から1駅5分)