お電話

メニュー

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する情報

当院の新型コロナウイルス感染症対策

洛和会音羽記念病院では、患者さん、来院者、職員の安心安全の確保、感染拡大防止に努めています。

ご来院の方へ

当院では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、以下の対策を行っています。
患者さん、ご家族の皆さんにはご不便をお掛けいたしますが、全職員一丸となって感染防止に努めておりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

受付に透明の保護シートを設置

受付前に透明の保護シートを設置。ソーシャル・ディスタンスを保ち、飛沫感染を防止しています。

サーモグラフィー・手指消毒

外来患者さんおよび付き添いの方など、院内に出入りされる方を対象に体温と症状の確認をしています。玄関に設置されたAI顔認証サーモブラフィーにより、発熱が確認された方には職員よりお声掛けさせていただきますので、ご協力をお願いします。
来院される方は、マスクを着用していただき、入口のアルコール消毒液にて手指消毒をお願いします。

  • サーモグラフィーによる検温

    AI顔認証サーモブラフィーによる検温

  • アルコール消毒液での手指消毒

    アルコール消毒液での手指消毒

接待エリアを密集した空間にならないように

受付待合

受付待合では、間隔を空けて座っていただき、患者さん同士が密にならないよう工夫しています。

施設消毒

電子カルテのキーボード・モニター・ナースコール・呼吸器など機器類の清拭を行い、標準感染予防に対する知識・情報の共有に努めるなど、一人一人が日々高い意識を持って業務に取り組んでいます。

定期的な換気

換気については、感染拡大防止策として重要視しており、各階の看護師が窓を一定時間ごとに開け、換気を行っております。
待合においては、空調設備により施設基準以上の空気を循環させています。

巡回バスの車内消毒・防護シート

洛和会搬送部門で運行している巡回バス・介護タクシーでは、乗務員の体調管理やマスク着用、手指消毒に加え、徹底した車内消毒を行い、運転席と座席間には防護シートを設置。安全に患者さん・利用者さんを病院、介護サービス事業所などへ搬送しています。

  • 巡回バスの防護シート

    防護シート

  • 車内消毒

    車内消毒

透析室の感染防止対策

ビニールカーテンの設置

ビニールカーテン

感染防止対策として、透析ベッド間に透明のビニールカーテンを設置しています。患者さんの入れ替わりごとに、カーテンの消毒清拭を行っており、安心して透析治療を受けていただけるよう配慮しています。


透析個室

透析個室

新型コロナウイルス感染症擬陽性の方も透析治療を受けていただけるよう、透析専用個室を2室ご用意しています。


患者さん・ご家族・お見舞いの方へ

入院患者さん全員に感染症遺伝子検査実施

新規に入院される患者さん全員を対象に、新型コロナウイルス感染症の検査を実施しています。厚生労働省承認の「ID NOW新型コロナウイルス感染症2019」を導入し、13分で陽性陰性の判定が可能になりました。入院までの待機時間の短縮を実現し、安心して入院していただけるよう努めています。


面会禁止・面会制限

新型コロナウイルス感染症対策として、面会を禁止しています。

オンライン面会

ご家族のお手持ちの端末と患者さんの病室をつなぎます。談話室などへ移動をする必要がないので、起き上がりが困難な患者さんもご利用いただけます。

外出・外泊制限

入院患者さんの外出・外泊制限を行っています。ご理解とご協力をお願いいたします。

外来透析患者さんへ

透析新聞に新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みについて、お知らせを掲載しています。

透析新聞 第213号


各部署の取り組み

透析センター

透析センター「安心・安全な透析提供」

  • 発熱、体調管理の徹底
  • 環境整備の徹底

受付

受付「ウイルスは持ち込まない」

  • マスク・ゴーグルの着用徹底
  • カウンターの定期清掃

手術室

手術室「手術前後の感染管理」

  • 手術前のPCR検査
  • 術後のシャント管理の徹底

旅行透析ー

旅行透析「また来てもらえる透析」

  • 感染予防を考慮した配置
  • 単回のオンライン透析も可能

患者送迎サービ

患者送迎サービス「感染対策をした送迎」

  • 乗務員の体調管理、車内換気の徹底
  • 遠方へのお迎えも対応

創傷ケア

創傷ケア「末梢血流の継続評価」

  • 定期フットケアで感染防止
  • 虚血に対しての早期診断

看護部

看護部「環境を整備し感染防止」

  • 正しい防護具の装着
  • ウイルスについての勉強会の開催

リハビリテーション部

リハビリテーション部「個別性を尊重したリハビリテーション 」

  • リハビリテーション前後の手指、機器消毒
  • 自分(あなた)らしい生活を支援

CE部

CE部「安全な医療機器の提供」

  • 定期的な機器点検と消毒
  • 院内機器の集中・一括管理

薬剤部

薬剤部「感染対策した薬を提供」

  • 調剤時の手指消毒
  • 作業環境の定期的消毒

臨床検査部・放射線部

臨床検査部・放射線部「検査時の感染対策」

  • 検査ごとのベッド、機器清拭
  • 待ち時間の短縮、分散による密の緩和

栄養管理室

栄養管理室「安心安全な透析食の提供」

  • 食器の消毒徹底
  • 管理栄養士による食事指導

職員の感染対策

職員への啓蒙・感染対策の実施

  • 職員(任意)に、定期的にPCR検査を実施しています。
  • 職員は就業前の健康確認が義務化されており、体調不良がある場合の出勤は禁止しています。
  • マスクの着用や頻回な手洗いと手指消毒、室内の定期的な換気、ソーシャル・ディスタンスなどを徹底しています。
  • 業務内容に応じ、アイシールド・フェイスシールド、エプロン・ガウン、手袋など感染防護具を使用しています。
  • 休憩時間はできる限り分散し、食事の際にはお互いに距離をとり、私語は控えるようにしています。
  • 不要不急の外出・会合出席を禁止しています。
  • 時差出勤による通勤混雑の回避
  • 会議などはICTを活用して、取引先などの外部業者の来院・対面も最小限にとどめています。
  • 職員への感染対策教育を実施し、随時レクチャーやメール、ポスター掲示などによる情報共有を行っています。

方針策定

  • 定期的な新型コロナウイルス対策会議の実施
  • 感染防止マニュアル・指針の作成
  • 行政や地域医師会との情報共有・連携

〒607-8116
京都市山科区小山鎮守町29−1



公益財団法人日本医療機能評価 トモニン えるぼし えるぼし きょうと健康づくり実践企業


株式会社トランスポート 京都救急患者搬送サービス 介護用品レンタル