このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

骨塩定量検査

骨塩定量検査とは

骨粗しょう症→大腿骨頸部骨折→寝たきりの原因に!

骨塩定量検査では、骨密度(骨の強さ)を測ることができます。骨のカルシウム量は、20~30歳代が最も多く、40歳代以降は自然に減少します。
骨粗しょう症は、加齢とともに骨の密度が減少して、骨がスカスカになった状態のことをいいます。骨がもろくなるため、骨折しやすくなります。そのため、骨密度が減少していないかを確かめ、骨折を予防することが大切です。
特に、やせた方、運動不足の方、閉経後の女性の方に定期的なチェックをお勧めします。

 

※検査をお考えの方は主治医にご相談ください。

骨塩定量検査装置

Dichroma Scan
二重エネルギー骨X線吸収測定一体型装置

 

骨塩定量検査の検査方法と検査時間

前腕利き手と反対の前腕を検査装置に入れて少し待つだけです。

検査自体は約15秒、検査後約3分で結果がわかります。

 

着替える必要もなく、短時間で検査できます。また、前腕での検査は費用も安いので、定期的に骨密度をチェックするのに最適です。

 

費用の目安(3割負担の場合、診察料含む

  • 骨塩定量検査・・・約1,250円

※費用は保険や諸条件により変動があります。詳しくはお問い合わせください。
※この費用は、当院で検査を受けられた場合の金額です。国が定める診療報酬制度により、病院によって費用が異なりますのでご注意ください。

 

よくある質問

Q.利き手と反対の手で検査をするのはなぜですか?

A.使っていない手の方が正確に測定ができるためです。諸事情により利き手でしか検査できない場合は、利き手で検査します。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ