このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

臨床検査部

 

超音波検査患者さまが医者の診療を受けるときに「おなかが痛い」「胸が痛い」「熱がある」など、さまざまな症状を訴えると、医師は「これこれの検査をしてみましょう」と言いながら、臨床検査部に必要な指示を出します。このとき行う検査が臨床検査です。医師は、臨床検査で得られたデータを解析して、患者さまの病気を診断し、治療方針を決定します。つまり、臨床検査は治療の入り口となり、病気の経過観察、治療効果の判定、重大な病気の早期発見などに大きく貢献しています。
臨床検査は、まずは2つの分野に分かれます。具体的には、心臓や脳からの微弱な電流を取り出す心電図や脳波、超音波で検査する「生理学的検査」と、 人から採取した尿、便、血液などの検体を検査する「検体検査」の2種類です。検査は、その2つの分野から、さらに多くの分野に分かれています。医師が適切な診断や治療をするための欠かせない検査を担当しているのが臨床検査部です。

1.生理学的検査分野(⇒ 生理検査の種類

体に器具を装着して、直接情報を得ます。

心臓系検査

心電図、心音図、脈派、負荷心電図などを実施し、心臓系を調べます。

超音波検査

体に超音波を当てて、各種臓器の状態を診ます。心臓の動きや腫瘤、結石などを調べるのに利用します。

脳波検査

頭皮上に電極を付けて、被験者自身が出す電気的信号を脳波計で記録します。

呼吸機能検査

被験者の方に、思いきり息を吸ったり、吐いたりしてもらい、その記録をします。

2.検体検査分野

血液や胃液、粘液、尿、便などの検体を使って病状を把握する検査です。

血液学的検査

採血して、血液中の成分の赤血球、血色素から貧血の程度を調べたり、白血球の多さから炎症の程度や白血病の有無などを調べます。

生化学的検査

血液中に含まれる糖質、たんぱく質、ビタミン、ホルモンなどを測定し、各臓器の異常を調べます。

免疫血清学的検査

免疫機能の状態を調べることで、侵入したウイルスなどの特定を行います。

微生物学的検査

O157やMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ菌)などの菌を培養して検出し、さらに、検出された微生物にどのような薬剤が有効か判断する薬剤感受性検査を行います。

尿、便などの一般検査

尿の成分を調べたり、便中に血液が混じっていないかをチェックします。

輸血、臓器移植関連検査

適合輸血を行うため、血液型検査や交差適合検査を行います。

遺伝子検査

遺伝子を増幅し、DNAの異常などを検出します。

このページのトップへ

所属長のひとこと

臨床検査部 スタッフ紹介

課長 
髙垣 敦史(たかがき あつし)

 

臨床検査部は、臨床検査技師6人、検査助手2人の計8人で運営しています(2016年7月現在)。臨床検査分野では、超音波検査士3人、血管診療技師2人、2級臨床検査士、NST専門療法士、糖尿病療養指導士、細胞検査士など専門資格をもつ技師も多く、熟練した技術と標準的な検査設備を整えています。
検査についてわからないことや、不安なことがあれば、お気軽に何でもご相談いただき、安心して検査をお受けください。

 

取り扱う主な機器

生理検査

  • 心電計
  • ホルター心電図解析装置
  • 呼吸機能測定装置
  • 筋電計
  • 超音波診断装置
  • 脳波計
  • 携帯型睡眠時無呼吸検査計
  • 血圧脈波検査装置

輸血検査

  • 自動血球洗浄装置
  • 遠心機
  • 血液専用保冷庫 ほか

 

業績

2015年度

腹部エコー
:2,463件
心臓エコー
:5,946件
血管エコー
:5,486件
心電図
:8,648件

2014年度

腹部エコー
:2,760件
心臓エコー
:6,011件
血管エコー
:5,515件
心電図
:7,851件

2013年度

腹部エコー
:1,943件
心臓エコー
:4,968件
血管エコー
:3,962件
心電図
:6,379件

2012年度

腹部エコー
:1,539件
心臓エコー
:4,615件
血管エコー
:3,495件
心電図
:5,397件

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ