このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

男性更年期障害(LOH症候群)とは?

「男性更年期障害(LOH症候群)」を知ろう! ~男性にもある更年期障害~

男性の皆さま、のぼせや動悸(どうき)がする、集中力が続かない、体がだるい、やる気がしないなど、最近、ちょっと調子が悪いなと思われていませんか? それはひょっとしたらLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)かもしれません。
いわゆる更年期障害ですが、女性特有の病気ではなく、30歳代後半~50歳代の働き盛りの男性にもある病気なのです。男性は女性と異なり、性ホルモンが徐々に減少していくので、その影響も比較的軽い場合が多いようです。しかし、職場での責任や子どもの教育問題によるストレスも大きく影響し、体の不調だけでなく、不眠や全身倦怠感(けんたいかん)、うつ症状など、心の不調を訴える人も少なくありません。
更年期を迎えた男性にとって、ホルモン低下は避けられない体の変化です。ただ、体の不調は重大な病気のサインである場合もありますので、「最近ちょっと調子が悪いかな」と思われる人は、ぜひ、一度ご相談ください。

原因

重度のストレスや環境の変化などで、血液中の男性ホルモン(テストステロン)が急激に減少することによって起こります。男性ホルモンの分泌が急激に減少すると、男性更年期障害(LOH症候群)の症状が顕著に現れやすくなります。
また、加齢とともに徐々に男性ホルモンが減少している場合にも、男性更年期障害(LOH症候群)の症状が少しずつ現れてくることがあります。この場合、本当は男性更年期障害(LOH症候群)の症状であるにもかかわらず、ほかの病気であると診断されてしまうこともあります。

主な症状
  • ほてり
  • めまい
  • のぼせ
  • 耳鳴り
  • 冷え
  • 呼吸困難
  • 動悸
  • 発汗
  • 不眠などの睡眠障害
  • 全身倦怠感(けんたいかん)
  • 頭痛
  • 頻尿
  • 不安
  • 性欲低下
  • うつ
  • 勃起力低下
  • イライラ
  • 物忘れ
  • 筋肉量の低下
  • ひげが薄くなるなどの体毛の変化

 

など、さまざまです。

症状が徐々に現れてくる場合、「ストレス」「うつ」などの精神的な病状と勘違いしてしまうことがあります。

男性更年期障害(LOH症候群)チェックリスト

  症状 なし 軽い 中等度 重い 非常に重い
1

総合的に調子が良くない

1 2 3 4 5
2

関節や筋肉の痛みがある

1 2 3 4 5
3

ひどい発汗がある

1 2 3 4 5
4

睡眠の悩みがある

1 2 3 4 5
5

よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

1 2 3 4 5
6

イライラする

1 2 3 4 5
7

神経質になった

1 2 3 4 5
8

不安感がある

1 2 3 4 5
9

体の疲労や行動力の低下を感じる

1 2 3 4 5
10

筋力の低下がある

1 2 3 4 5
11

憂うつな気分になる

1 2 3 4 5
12

「絶頂期は過ぎた」と感じる

1 2 3 4 5
13

「力尽きた」「どん底」にいると感じる

1 2 3 4 5
14

ひげの伸びが遅くなった

1 2 3 4 5
15

性的能力の衰えがある

1 2 3 4 5
16

早朝勃起の回数が減少した

1 2 3 4 5
17

性欲の低下を感じる

1 2 3 4 5
合計

全ての項目の合計の点数が高いほど、男性ホルモンが低下している可能性が高い状態です。

■27点~36点:軽度 ■37点~49点:中等度 ■50点~:高度

診断

血中の男性ホルモン(テストステロン)の量を調べます。診断基準として、遊離型テストステロンが8.5pg/ml以上~11.8pg/ml未満の場合、男性ホルモンが低下傾向にある(ボーダーライン)と判断され、さらに8.5pg/ml未満の場合、男性ホルモンが明らかに低いとされます。この遊離型テストステロンの採血は、午前中に行うことが推奨されています。
そのほかに、「身体症状」「精神症状」「性機能に関する症状」などをチェックします。

 

治療

男性更年期障害(LOH症候群)の治療方法はいくつかありますが、男性ホルモンの注射・塗布や漢方薬治療などが代表的です。
男性ホルモン補充療法は、筋肉注射を行います。専門医の判断で行いますが、前立腺がんの治療中の方には行えません。
これに並行して、カウンセリングによるメンタル面のリハビリテーションなども行います。男性更年期障害(LOH症候群)の症状が軽い場合などは、精神面をコントロールすることで症状を改善させることも可能です。

 

当院の泌尿器科外来では、男性更年期障害(LOH症候群)の診察を行っています。初診の方は、外来のご案内をご確認のうえ、ご予約ください。日本性機能学会専門医が常勤医として勤務しております。


サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ