このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

呼吸器科

 

高齢化に伴って、60歳代以上の肺がん患者さまが多くなってきました。特に男性は、定年を迎え、毎年定期的に受けていた職場健診を受けなくなり、胸部の写真も何年間も撮ったことがないといわれる方がほとんどです。
「自覚症状もないのでおっくう」という気持ちもわかりますが、年に1回は市民健診などを欠かさず受けられることをお勧めします。

診療内容

放射線部と臨床検査部の協力を得て、呼吸器疾患に必要な検査を、可能な限り当日に実施して、診断を行っています。胸部CTも高精細CTも含めて、当日に随時撮影が可能です。肺機能検査なども加えて、肺気腫の程度なども判断しております。

 

風邪をひいたあと、2カ月も3カ月も咳だけが続いて、電話もできないという方がおられます。健康保険上では、「咳ぜんそく」あるいは「ぜんそく様気管支炎」と呼ばれる状態です。ぜんそくと言うと「もう一生治らない病気」と悲観される方がおられますが、早期であれば元に戻らない変化が肺で起きている訳ではありませんので、治ります。

動くと息があがる、呼吸の際にヒューヒュー・ゼーゼーという音がするなどの症状が出るぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療では、吸入療法を主に行っていますが、高齢の方の薬の吸入のタイミングが合わず、効果が出ないという悩みがありました。しかし、最近は、パウダーの吸入薬が、ステロイド剤でも気管支拡張剤でも使用できるようになり、吸入のタイミングを合わせる苦労がなくなりました。また、長期に内服していただく薬剤は可能な限り減らすようにしています。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ