このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

関節センター

痛みが少ない日常生活を

末原洋センター長人工関節という言葉になじみのない方も多いと思いますが、現在日本では、1年間に人工股関節手術が40,000例、人工膝関節手術が70,000例行われており、年々増加しています。部位としては、股関節と膝関節が人工関節手術の97%を占めています。人工関節手術とは、関節の軟骨が摩耗(まもう)し、痛みを感じるようになった「変形性関節症」や「関節リウマチ」の方に対して、関節を金属に置き換える手術で、手術後は関節の痛みが軽減した日常生活が送れるようになります。

 

人工関節にはさまざまな種類がありますが、関節の動く部位での摩耗が耐久性に影響するため、摩耗の少ない安定した成績が報告されている種類を選択しています。また、手術では切開が少ない最小侵襲(MIS:Minimally Invasive Surgery)を心掛け、筋肉や軟部組織への負担を減らし、早期の退院と社会復帰をめざしています。
さらに、現在は、術後に輸血を行うことはほとんどありません。手術翌日には歩行を開始し、1週間でT字杖を使って歩行ができ、術後2~3週間での退院が可能です。

 

股関節と膝関節の痛みで困っている方がおられましたら、一度、当院整形外科の「関節外科外来」を受診してください。

 

センター長 末原 洋(すえはら ひろし)

 

ナビゲーションシステム

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ