お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

肩・肘の外科

肩・肘の外科とは

医師

肩・肘関節外科では、五十肩(肩関節周囲炎)、石灰沈着性腱板炎、腱板損傷・腱板断裂、変形性肩関節症などの肩関節疾患や、肘関節内側側副靭帯(じんたい)損傷や上腕骨小頭離断性骨軟骨炎、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)などの肘関節疾患の診療を行っています。


腱板損傷、腱板断裂

50歳以上の中高年に多く、けがを契機に腱板という筋腱を傷めてしまいます。また高齢の方では腱板が少しずつ傷んでいき、はっきりとした外傷なく起こることもあります。超音波検査、MRIで腱板断裂の診断を行っています。小さな腱板の断裂では、関節鏡による腱板修復術を行っていますが、修復が困難な大きな断裂では、肩甲骨の内側から腱板を剥離し外側へ引き出す筋前進術(Debeyre-Patte変法)を行っています。

鏡視下腱板修復術,鏡視下Debeyre-Patte変法のイメージ

対象となる症状

肩や肘に症状のある方すべてが対象になります。

肩関節外科の対象疾患

五十肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷・腱板断裂、肩関節脱臼、投球障害肩、石灰沈着性腱板炎。

肘関節外科の対象疾患

野球肘、関節ねずみ(遊離体)、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、変形性肘関節症。

肩・肘関節のスポーツ障がい

オーバーハンドスロー(特に投球動作)による障がいが大半を占めます。オーバーハンドスローは、下半身から体幹、肩・肘を介して手指からボールに伝える共同運動です。
症状のある局所にとらわれることなく、全身のフィジカルチェックを行い、早期のスポーツ復帰を目指しています。

治療

肩・肘関節の治療は、理学療法を用いた保存療法が中心となります。手術が必要となる肩関節疾患、肘関節疾患では、関節鏡を用いた体に負担の少ない手術を行っています。

長引くひざ・ひじ・肩などの痛みに悩まれている方へ(TAME療法)(運動器カテーテル治療)

 

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル