このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

洛和会京都血管内治療センター・心臓内科

洛和会京都血管内治療センター・心臓内科

妖精がこっそり教える洛和会丸太町病院心臓内科

 

「血管内治療」とは聞きなれない名前だと思いますが、超高齢化および昨今の糖尿病を中心とする生活習慣病の増加に伴い、増加している全身の動脈硬化性疾患の診断・インターベンション治療(カテーテルを用いて病変部を治す治療法)のことを指しています。
動脈は全身にくまなく走り、酸素や栄養を送っています。「人は血管から老いる」とは有名な海外の先生の1フレーズですが、この「血管」は動脈を指しています。
下記は、それぞれの動脈に生じた動脈硬化に応じ、起こり得る代表的な疾患です。

  • 冠動脈:狭心症、心筋梗塞
  • 頸部動脈:脳梗塞
  • 腹部動脈:高血圧、心不全、食後の腹痛発作や腸閉塞など
  • 四肢の動脈:閉塞性動脈硬化症
  • 大動脈:動脈瘤(りゅう)、大動脈弁狭さく症

しかし、これらの多くは、最近の治療手段の進歩に伴い、治り得る病気となっています。当センターでは、このような疾患群に対し、熟練した専門医が、"診療の質"を提供すべく、24時間365日体制で対応しています。われわれが意図する"診療の質"とは以下ととらえ、日々研鑽(さん)しています。

  • 初診の方でも半日で診断できる検査体制の確立
  • 低侵襲(しんしゅう)を心掛けた検査・治療
  • 患者さまに応じた長期目標(QOL、生命予後改善)を見据えた治療戦略
  • 心が通う(患者さまの身になって考える)温かいチーム医療
  • 風通しの良い医療体制の構築(診療所医師との病診連携、院内でのチーム医療、検査結果の開示)
  • 高度な先進医療への研鑽、医療ツーリズム(ヘルスケアツーリズム)
  • 高度な専門治療、薬物療法とともに心臓リハビリテーションを行い、患者さまのQOL(生活の質)、長期予後改善を目指します。

そのほか、上記の疾患以外にも、心不全、心筋症、不整脈、高血圧症、高コレステロール血症などの診断治療を幅広く行っています。また、保険が適用される脳梗塞予防目的の内頸動脈ステント留置術(CAS)は、適応のある患者さまにCAS認定医が積極的に行い、良好な成績をあげています。

 

洛和会丸太町病院と洛和会音羽病院の心臓内科(循環器系診療科)が連携して組織し、当センターでは、幅広く、高いレベルで治療を行っています。
非侵襲的検査(エコーやマルチスライスCTなど)で即日に診断を行うことをモットーとしており、24時間365日、心臓カテーテルおよび循環器救急の受け入れが可能です。

取り組み

2つの病院を専用回線で結び、リアルタイムで心臓カテーテル治療の動画像を見て、遠隔診断するシステムがあります。このシステムを利用して、地域の専門医師や主治医との研究会も行っています。

 

2015(平成27)年度 診療実績

  • 経皮的冠動脈ステント留置術:293件
  • 四肢の血管拡張術:128件
  • 体外ペースメーキング術:66件
  • 経皮的シャント拡張術:39件
  • 経皮的カテーテル心筋焼灼術:38件
  • 下大静脈フィルター留置術:29件
  • ペースメーカー移植術:29件
  • 経皮的冠動脈形成術:23件
  • 下大静脈フィルター除去術:12件

1年間で入院加療された患者さまの数

合計:876人

  • 狭心症:381人
  • 心不全:92人
  • 下肢閉塞性動脈硬化症:65人
  • 慢性虚血性心疾患(陳旧性心筋梗塞など):47人
  • 急性心筋梗塞:38人
  • 重症虚血肢:38人
  • シャント機能不全:36人
  • 心房細動:26人
  • 房室ブロック:14人
  • 腎動脈狭窄(きょうさく):10人
  • そのほか:129人

 

心臓内科2015年度実績

 

外部リンク

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ