このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

救急・総合診療科 専門外来のご案内

膠原病リウマチ外来

関節リウマチ、膠原病(こうげんびょう)を幅広く診療

当外来で主に扱っている疾患は、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎、混合性結合組織病、リウマチ性多発筋痛症、痛風、偽痛風、SAPHO症候群などです。

 

関節リウマチは、重症の場合、放置すると6週間以内に通常の生活が送れなくなることもある準緊急性疾患ですが、近年は非常に効果の高い抗リウマチ薬(生物学的製剤)が用いられるようになり、大半の人は、通常の人と変わらない生活を送れるようになってきました。そのためには、正確な診断と迅速な治療が必要です。関節が痛い、こわばるなどの症状がある方は、ぜひともご相談ください。
また、リウマチ疾患・膠原病といわれるものは、関節だけではなく、いろいろな臓器に障がいが生じ、非常に多様な症状が現れます。例えば、ずっと熱が出ている、筋力が低下する、手が白くなる、空咳が続く、体がむくむ、口が渇くなどがあげられます。このような症状に当てはまる場合は、ぜひ一度ご相談ください。

安心できる診療システム

膠原病の患者さまは、治療薬の影響もあり、インフルエンザや肺炎などの感染症にかかりやすくなります。そのため当院では、感染症の患者さまが受診する総合診療科の外来とは別に、特殊外来としてリウマチ膠原病外来を設置し、安心して通院できるようにしております。一方で、総合診療科外来でも膠原病の診療をいつでも行える体制を整えており、また緊急の場合は時間外や深夜でも可能な限り対応しています。このため、合併症・併発症を来した場合も迅速に対応できるとの評価をいただいております。

 

また、京都大学病院リウマチセンターと定期的にカンファレンスを行い、必要な場合は特殊な検査を依頼するなど連携体制を整えており、高度な医療を提供できるように努めています。

 

そのほかの専門外来

以下の専門外来も行っています。

 

禁煙外来(月~土曜日 午前)

貼り薬や飲み薬を使い、禁煙のお手伝いをします。保険診療が可能ですので、禁煙を希望される方はご相談ください。

 

ワクチン外来(月~土曜日 午前)

ワクチン接種を希望される方は、事前に電話連絡をされることをお勧めします。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ