このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーションとは

「運動器」とは、体を動かす仕組みのことで、骨・関節・筋肉・神経などの体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。運動器疾患により仕事や日常生活の動作、スポーツ動作を困難にし、生活の質を低下させる大きな一因となります。「運動器リハビリテーション」とは運動器疾患を持つ人々に対して運動療法や物理療法、装具療法などが実施されます。

 

運動器リハビリテーションの主な対象

整形外科術後のリハビリテーションを積極的に実施しています。

術後リハビリテーションの内訳 ※2016(平成28)年度実績

術後リハビリテーションの内訳

 

担当医師について

整形外科の医師が担当いたします。

 

運動器リハビリテーションの効果

  • 関節可動域の向上
  • 筋力の向上
  • 体力の向上
  • 運動の協調性の改善
  • 日常生活・スポーツパフォーマンスの改善

 

運動器リハビリテーションの流れ

術前評価(外傷以外の入院当日に実施)
  • 術前の身体機能・病状を把握
  • 術後の注意事項を説明
  • リハビリテーション計画書を説明

手術
 

術後リハビリテーション(入院リハビリテーション期間は1~3週間程度)

手術翌日より状態に合わせてリハビリテーション(療法士による個別療法)開始

(カンファレンス・回診にてリハビリテーション目標を共有)

自宅

退院後もリハビリテーションが必要な場合は、状態に応じて次のようなリハビリテーションが選択されます。

医療保険

介護保険

転院など

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ