創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

訪問リハビリテーション

私たちは、あなたの「できるようになりたい」 「できるようになってもらいたい」を応援します

訪問リハビリテーションってどんなサービス?

ご利用される方の例

「訪問リハビリテーション」は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の国家資格を持ったスタッフが自宅に訪問し、あらかじめ設定した目標に向かって、実生活の場でリハビリテーションを行います。またご家族に福祉用具の選定や介助方法などのアドバイスも行っています。

  • 自分の足で歩きたい

    安定した歩行が獲得できるように身体状態や日常生活動作を確認し、一人一人に適したリハビリテーションプログラムや必要な福祉用具の提案、使用方法についてご案内します。

  • 入浴の介助方法を教えてほしい

    車いすから浴室のシャワーチェアへの移乗方法や浴槽の跨ぎ動作など、個々の状態や希望に応じた練習を行います。

  • 安全に一人でトイレに行きたい

    自宅内の環境を評価し、必要に応じて部屋のレイアウト変更の提案を行います。また衣類の着脱練習や立ち座りの練習などを行います。

  • もう一度、好きなことをしたい

    家事動作や趣味、旅行などを安全に行えるようサポートします。

  • 介助の方法を教えてほしい
  • 買い物に行けるようになりたい、電車・バスに乗って外出したい
  • 食事の時によくむせる、誤嚥性肺炎を繰り返している
  • 言葉がはっきりせずコミュニケーションに困っている
  • 福祉用具の使い方を教えてほしい
  • 手すりをどこにつければいいか教えてほしい

リハビリテーション内容

  • バイタルチェック(血圧、脈拍、体温など)
  • 身の回り動作の練習(トイレ、入浴、着替えなど)
  • 基本動作の練習(起き上がる、立ち上がる、歩く、階段など)
  • ご家族への介助方法の指導(車いすへの移動やトイレの介助など)
  • 家事動作の練習(掃除、洗濯、料理など)
  • 外出練習、趣味活動の練習や指導(買い物の練習やバス、電車の乗降の練習など)
  • 食べる、飲み込む練習や指導
  • 言葉を話す、書くなどコミュニケーションの練習
  • 住宅改修や福祉用具のアドバイス(手すりの設置、段差の解消、車いすの選定、コミュニケーション機器など)
  • 自主トレーニングの指導
  • 介護相談

訪問リハビリテーションの内容は、利用者さんの体の状態や自宅環境に合わせて行います。
「こんな生活がしたい」、「こんなことが楽にできるようになりたい」などのご希望を担当者にお伝えください。

当会の訪問リハビリテーションでは、言語聴覚士も配属されています。

ST(言語聴覚士)とは

病気や事故、加齢によって話す・聴く・食べる事が不自由になった人に対してコミュニケーションや食事に関する能力の維持・向上を目的にリハビリを行う職種です。

こんなことで困っていませんか?

言語障害(失語症・構音障害)

  • 言葉が出てこない。
  • 呂律が回らず喋りにくい。

高次脳機能障害

  • 脳血管疾患などで以前のように覚えられない、集中できない。
    →症状を評価し、実用的なコミュニケーション手段の選択・練習を行います。

摂食嚥下障害

  • 食事中にむせることがある。
  • 唾液が口の中にたまる。
  • 飲み込むのに苦労することがある。
  • 固いものが噛みにくくなった。
  • 舌に白い苔のようなものが付いている。
  • 声が変わった(がらがら声や鼻に抜ける声)
  • よく咳をする。
  • 食事を残すことが多い(食べる量が減った)。
  • 体重が減った(この1カ月で5%以上、半年で10%以上)。
  • 誤嚥性肺炎を防ぐ食事形態や介助方法を教えてほしい。

当院の訪問リハビリテーションの特徴

介護サービスは一つの事業所だけではより良い在宅生活の提供は行えません。当事業所は、フットワークの良さでほかの介護サービスと顔の見える関係作りを心掛けています。他サービスと連携を密にし、より良い在宅生活に向け個別目標を計画し、役割作りや社会参加が獲得できるよう取り組んでいます。

訪問リハビリテーションスタッフ一同ST(言語聴覚士)

京都介護・福祉サービス第三者評価ホームページへ

当院の訪問リハビリテーションの詳しい情報は介護事業所検索サイト「介護サービス情報公表システム」に掲載されています。

訪問リハビリテーションの実施地域

京都市 今出川通より南・東大路通より西・八条通から北・天神川通より東

実施地域の地図

訪問リハビリテーションの流れ

訪問リハビリの希望

1. まずは、担当ケアマネジャーにご相談ください。

相談

2. ケアマネジャーから訪問リハビリ担当へご依頼・ご相談いただきます。

情報提供

3. かかりつけ医から診療情報提供書をいただきます。

事前面談

4. 担当者が利用者さんのご自宅へ伺い、サービス内容の確認と利用者さんの希望や体の状態を確認しリハビリ目標を確認させていただきます。

医師の診察

5. 訪問リハビリ開始にあたり当院の担当医の診察を受けていただきます。
(要予約:訪問リハビリ担当者が予約を取らせていただきます)

訪問開始

6. 利用者さんとの同意・契約のもと訪問リハビリを開始します。

訪問リハビリの終了

7. リハビリ目標達成や在宅生活が安定すれば訪問リハビリは終了となります。

空き情報

2021(令和3)年4月1日現在

→ 空きあり(3人分以上) 
△ → 調整させていただきます 
→ 定休日

 

午前

午後

この情報は予定です。詳しくは、お電話でお問い合わせください。

お問い合わせ

洛和会丸太町病院 訪問リハビリテーション

TEL:075(803)6251(直通)

午前8時30分~午後5時 ※日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)を除く
所在地:京都市中京区七本松通丸太町上ル 洛和会丸太町病院内

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



公益財団法人日本医療機能評価 トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業

  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル