このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

脊椎センター

徹底的な保存療法と負担が少ない手術

センター長の原田智久2010(平成22)年、洛和会丸太町病院に、京都府立医科大学の整形外科学教室との協力のもと「脊椎センター」を設立しました。近年、脊椎手術は大きく進歩しており、特に注目すべきは低侵襲(しんしゅう)手術です。体に負担の少ない手術のことで、従来の手術と比較すると傷も小さく、背中の筋肉や骨をできるだけ温存して手術を行うため、術後の回復も早くなりました。個人差はありますが、典型的な低侵襲手術の場合、翌日から離床をすることができ、10日前後で退院となります。特殊な手術器具や技術が必要ですが、すでに京都府立医科大学と同じ内視鏡や顕微鏡を導入しており、私が大学で執刀してきた経験を生かして、患者さまに負担が少ない手術を行っています。脊柱管狭さく症や椎間板ヘルニアなどの手術のみでなく、脊椎脊髄腫瘍などの手術にも対応可能です。

 

2011(平成23)年から新たに導入した機器として、ナビゲーションシステムがあります。これは、手術中に患者さまの脊椎と、術前に撮像したデータをリンクさせることで、脊椎手術用スクリューを0.9mm以下の誤差で正確に挿入するための機械です。これを用いることで、高度な脊椎のすべりや側弯症(そくわんしょう)にも対応することが可能となりました。

ナビゲーションシステム

 

2014(平成26)年1月に新築移転した新病院では、安全かつ迅速正確にスクリュー固定ができるオンタイム画像のナビゲーションシステムであるオーアーム(O-arm)を京都で初めて導入しています。

 

手術の話ばかりですが、手術はあくまで最終手段です。手術をしなくてもいいと判断すれば、徹底的に保存療法を行います。
脊椎の病気でお困りの方、手術を受けるかどうかで悩んでおられる方は、お気軽にご相談ください。

 

副院長 原田 智久(はらだ ともひさ)

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ