お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

スポーツ整形 ~肩・肘・股関節・膝などスポーツ障害でお困りの方へ~

スポーツ選手のけがの治療から競技復帰・障害予防までをサポート

整形外科のなかでも、スポーツによる外傷、障害を中心に治療しています。肩関節脱臼や膝靭帯損傷、半月板損傷などの外傷、また野球肘や足部の疲労骨折などの疾患を扱っています。またスポーツ愛好家、中高年者の肩関節周囲炎や腱板損傷、テニス肘など幅広く診療しています。

治療

当院では、京都府立医科大学と連携し、スポーツ障害、外傷に対する専門的診療を行っています。

手術が必要となる疾患では、関節鏡を用いた体に負担の少ない手術を行っています。

対象となる疾患

スポーツ整形外科では、ラグビーやアメリカンフットボールなどによる肩関節脱臼や膝靭帯損傷、半月板損傷、足関節靭帯損傷などのスポーツ外傷の診療を行っています。また野球やバレーボールなどのオーバーヘッドスポーツによる野球肘や肩関節唇損傷などの肩・肘関節障害についての診療も行っています。
肩・肘関節外科では、五十肩(肩関節周囲炎)、石灰沈着性腱板炎、腱板損傷・腱板断裂、変形性肩関節症などの肩関節疾患や、肘関節内側側副靭帯損傷や上腕骨小頭離断性骨軟骨炎、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)などの肘関節疾患の診療を行っています。

対象種目

スポーツ全般(野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、陸上、テニス、ダンスなど)
さまざまな種目の治療にあたっています。

肩関節脱臼

ラグビーやアメリカンフットボールなどで肩関節脱臼を起こすと、肩関節の不安感が生じ、脱臼を繰り返してしまうことがあります。スポーツや日常生活に支障がでるため、根治には手術が必要となります。関節鏡による関節唇、関節包靭帯修復手術(鏡視下バンカート修復術)を施行していますが、ラグビーやアメリカンフットボールといったコリジョンスポーツ選手には、より脱臼抑制効果の高いブリスト変法を追加しています。

鏡視下バンカート修復術

膝靭帯損傷、半月板損傷

スポーツ外傷に多い前十字靱帯損傷や半月板損傷に対して、鏡視下前十字靱帯再建術や半月板切除術、縫合術を施行しています。膝靭帯損傷や半月板損傷は、復帰に時間がかかることが多く、丸太町リハビリテーションクリニックと連携し、受傷早期からトレーニングを行い、より早い復帰を目指しています。

スポーツ検診

スポーツによるけがは、選手と病院間での治療だけでなく、現場のトレーナーや指導者の方と一緒に治療に取り組むことが重要だと考えています。シーズンオフには野球検診やサッカー検診などスポーツ障害の予防活動を行っています。スポーツで起こる障害は、障害部位だけでなく、下半身や体幹の柔軟性不足が根本的な原因になっていることが多く、当院では理学療法やコンディショニング指導を中心とした治療を行っています。

リハビリテーション(競技復帰・障害予防)

スポーツ担当の理学療法士が、全身の運動機能評価を行い、障害部位の治療・競技復帰までをサポートしています。また、理学療法士による障害予防指導も行っています。

スタッフ紹介

名前 古川 龍平(ふるかわ りゅうへい)
役職 副部長
専門分野 スポーツ整形外科、肩・肘関節外科
専門医認定・資格など 日本整形外科学会整形外科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

長引くひざ・ひじ・肩などの痛みに悩まれている方へ(TAME療法)(運動器カテーテル治療)

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル