このページの先頭

洛和会ヘルスケアシステムの医療とは…

看護

あらゆる医療ニーズに対応する看護を展開

回復に合わせた療養環境を提供

超急性期を基本にしながらも、早期在宅復帰ができるよう、患者さまの回復状態に合わせて、亜急性期や回復期、慢性期まで、さまざまな療養環境を提供しています。地域病院や診療所との連携のみならず、介護施設との連携も充実しており、在宅復帰をめざす患者さまのあらゆるニーズに対応します。

看護と介護の連携で退院後もバックアップ

洛和会ヘルスケアシステムでは、医療サービスの提供が終了した後も、必要に応じて、訪問看護から在宅・施設介護まで、幅広いサービスを患者さまに提供しています。看護と介護が連携し、患者さまの立場でライフスタイルを支えるサービスを展開しています。

訪問看護

患者さまと向き合う固定チームナーシング(継続受けもち方式)

複数のスペシャリストがチームを組み、専門的立場から医療に対する提案や意見を積極的に行い、入院から退院までをしっかりサポートしています。患者さまの心をより近くで感じ、思いを伝えるチームコーディネーターとして、看護の力を発揮しています。

固定チームナーシングで提供される個別性を重視した看護は、チーム医療での成果とともにさらに高い評価を得ています。

認定看護師

洛和会ヘルスケアシステムでは、「救急看護」「集中ケア」「皮膚・排泄ケア」「緩和ケア」「脳卒中リハビリテーション看護」を専門にする認定看護師8人が、それぞれの分野で高い看護を実践し、後進の育成にも励んでいます。

 

※認定看護師とは、日本看護協会によって認められた、熟練した看護技術や知識をもつ看護師で、全国に7,363人います(2010年8月20日現在)

認定看護師

臨床研修看護師

洛和会ヘルスケアシステムでは、1年間で、外科・内科・療養・救急(ICU・手術室など)・訪問看護を経験して総合力を高め、専門性の高い看護力を身につける下地づくりを行う、臨床研修看護師制度(スーパーローテーション・ナース・トレーニング制度)を設けています。

臨床研修看護師

このページのトップへ